ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

太もも痩せに効果的な座りながらのダイエット方法

椅子に座る女性

太もも痩せを目指して、様々なトレーニングを行っている方も多いのではないでしょうか。そこで、効果的に太もも痩せを実現してくれる座りながらのダイエット方法をご紹介します。

オフィスで仕事中にでも、飲み会の席でも、どんな時でも意識をして鍛えられるので、忙しい毎日を送る女性にもぴったりの方法となっています。

内転筋を鍛える

まず、太もも痩せを目指すなら、大切なのは内転筋と呼ばれる筋肉を鍛えることです
この筋肉は、左右の太ももの内側をつけ、脚を閉じる時に使われる筋肉です。内転筋が鍛えられることで、太もも痩せは勿論のこと、骨盤を下からしっかり支えられるようになるので、下半身太り、O脚の改善にもなります。身体全体のゆがみも整い、身体全体へのダイエット効果も期待できます。

そんな内転筋を鍛えるには、膝を閉じて、背筋を伸ばして座り、それをひたすらキープするだけの簡単な方法があります。
簡単すぎないか?と不安になるかもしれませんが、実はこれでも充分に筋肉を使うことができ、内もも、骨盤、腹筋にも嬉しい効果が得られます。

太ももの内側を鍛える

足を組む人

さらには、姿勢をただして、膝・くるぶし・かかとをくっつけてイスに浅く座ります。

次に、手のひらを外に向け、膝の間に入れて下さい
その手で、太ももの内側の肉を持ち、太ももを押し広げるように力を入れます。手で広げる力に負けないように、太ももを閉じるように力を入れて下さい。

そのまましばらくしたら、今度はそこに足踏みを加えてみて下さい。
足踏みは、つま先を地面に着けたままで、かかとで足踏みをします。
無理のないように回数を自分で調整し、慣れるまでは自分のペースで何回でも構いません。慣れたら足踏みの回数を30回程度に増やしてみましょう。

手が使えない時は、電話帳のように5cmほどの厚みと、ある程度重さのあるものをひざに挟みます。電話帳がなければ、いらない本などをまとめてある程度の厚みを出します。
クッションやボールなどでも効果的です。
そして、膝をしっかりと閉じるように力を入れて下さい。

美脚ストレッチ

また、脚を組んで、左右の脚を20秒間押し合うだけの簡単なストレッチもあります。
どこでも、意識してしっかりと膝を閉じて、それをキープするだけで、かなり太もも痩せに効果的です。O脚にも効果がありますので、すらっとした美しい脚を手に入れることができます。

空いた時間を意識して、少しずつ筋肉を鍛えるようにして、ぜひすっきりとした美脚を手に入れて下さい。

関連記事