ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

身近にある椅子を使ってダイエット

2017.03.30

マッサージ

近年テレビや雑誌等であらゆるダイエット方法が紹介されていますが、一番重要なのは短時間でもいいので継続できるかどうかという点が非常に重要になっています。

ダイエットをする時の心構えについて

ダイエットする時に一番やってはいけないのが目標を高く設定しすぎる事です。
今やインターネットで手軽にモデルの様な体型の写真と同時に肥満対抗策が書き記されていますが、あくまでも宣伝として結果が写っているだけで、自分の体にあった運動方法が記されていてその写真と同じ体型になれるとは限らないのです。

この影響で少し運動をしても写真との落差が激しくて挫折してしまう人が後を絶ちません。

ダイエット器具やサプリメント等の薬や食品等について

ストレッチ

サプリメント等の補助食品等はプロテインと同じで運動した体への栄養をサポートして脂肪を燃焼してくれる物がほとんどとなっています。

そして、専門家に自分の体に合わせた物を作成してもらった物以外は効果が無い時に誰にもアドバイスをもらう事ができず、挫折してしまう可能性が高いので、購入する際にはサポート体制をよく確認した上で購入する事をお勧めします。

またダイエット器具についても器具によっては体への負荷がかかり過ぎるものがあったりすると継続する事が難しくなってしまったりするので、購入する場合は日常にある物や近くの公園等に同じような設備がないかを確認した上で購入しましょう。

ダイエット入門器具としての椅子の存在

椅子はほとんどの家庭や職場にあるものなので、これを利用した運動は長期間継続するという観点から最適なダイエット器具と言えます。

やり方としてはまず椅子に浅く座り、足を肩幅くらいに広げます。
そして上半身だけを左右どちらかにひねり椅子の背もたれを両手で掴み、その体制を維持して体に負荷を掛けます。
最後にゆっくりと体が正面と向くように体制を戻し、この動作を左右交互に繰り返してください。

重要なのはひねる時と戻す時に時間を掛けてゆっくりとやって体に極力負荷を掛けるようにしてあげてください。
この運動は主に脇腹についた脂肪が気になる人に向けた運動なので、気になる方是非一度やってみてください。

また椅子に浅く座った状態で、今度は両足を揃えて地面に対して直角になるように上げてその状態を維持すると、腹筋運動にもなるので、仕事の休憩時間に自分のデスクでやってみるとよいかもしれません。

この様にダイエットを開始してから間もない時は身近な物で自分の体に少しずつ負荷を掛けていき、自分の体に合った方法を探しその方法をサポートしていけるような目標や計画を立てる事を強く推奨します。

関連記事