ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

一番簡単なダイエットって?短期間ですぐ痩せる方法はあるの?

体脂肪は1kgあたり約7200kcalだと言われています。
活動量や基礎代謝によって変化しますが、カロリー管理をしている女性は多くが1日あたり1200~1500kcalくらいでダイエットをしているようです。

一番効果的なのは食事制限+運動

しかし、いくら食事制限をしても、減らせるカロリーはせいぜい数百kcalです。
7200kcalの脂肪を削るとなると途方もなく感じてしまいますよね。

食事制限は主に体内に入ってくるカロリーを管理することが目的です。

その為、身体がどれくらい脂肪を燃焼してエネルギーに変えているのかは食事の管理だけでは認識することができません。
人間は丸一日横になりつづけているだけでもエネルギーを消費しているからです。これは基礎代謝と呼ばれています。
そこでダイエットに挑む人たちは運動をすることによって体内にあるカロリー(脂肪)をエネルギーに変えて消費していくようにします。

つまり一番簡単なダイエット方法は「食事で摂取するカロリー」を「身体が活動するために消費するカロリー」よりも小さくすることです。

このカロリーのが大きければ大きいほど、短期間で脂肪の減少ができます。

ただし、食生活を極端に変えてしまうと身体が驚いてストレスを感じます。
その結果、リバウンドするリスクも高まってしまう危険性があります。

一番楽に、無理をせず、リバウンドをしないように、綺麗に痩せるという条件を満たす方法を考えるとどうしても中長期的なスケジュールでのダイエット方法を選んだ方が確実で健康的と言わざるをえません。

運動は必須ではない?

摂取するカロリーよりも消費するカロリーの方が大きくなれば、確実に身体は痩せていきます。
ダイエットには運動が不可欠という印象があるかもしれませんが、消費カロリーが多いのであれば無理をして運動をする必要はありません。

立ち仕事の人はオフィスワークの人よりも起立している時間が長いため、その分だけカロリーを多く消費します。
建築や工事の現場で肉体労働をしている男性やプロのアスリートは1日に2000kcal以上食べても太らず、人によっては痩せていきます。

自分の日常生活でどれくらいエネルギーを消費しているかをしっかりと認識することが大切です。

しかしながら、短期間に体重の増減が起きると皮膚がたるんでしまいます。
「脂肪がなくなり体重が落ちても皮膚のたるみが残ってしまった」「皮膚のたるみを解決するために美容整形手術を行った」という人もいます。

皮膚のたるみは加齢が顕著に表れる部分です。
ダイエット期間にストレッチや筋力トレーニングを取り入れることによって、筋肉・関節・健・皮膚を刺激し、たるみを防いで身体を引き締めることができます。

健康と美容を両立させるなら

健康と美容を両立させるなら、1ヶ月単位の長期的スパンでのダイエットがオススメです。

一般的にリバウンドがしにくい減量は1ヶ月あたり3kgまでだと言われています。
有酸素運動や筋トレを行っている人は脂肪よりも重さのある筋肉が身体につくため、1ヶ月あたり1~2kgの減量という人も少なくありません。

食事制限をメインにした極端なダイエットは拒食症などの摂食障害を招いてしまうケースが問題となっています。
摂食障害は10~20代の女性に多い心の病気です。「やせなければ」という意志は大切ですが、度が過ぎるものはいけません。
1週間~10日に1kgを目標にして減量することがオススメです。

例えば、女性に人気のプチ断食(週末のみの断食)はカロリーコントロールの面で有効です。
様々なやり方がありますが、1~5日目は摂取カロリーを意識しながらも好きな物を食べるようにして、6日目は水のみ、7日目には粥という周期で食生活をコントロールするダイエット方法です。

脂肪は、1日でつくことはありません。
もしも1日食べ過ぎてしまっても、翌日や週末に調整することで体重の管理は可能です。

カロリーを気にせず好きな物食べる日「チートディ」を取り入れることもオススメです。ダイエット中はストレスを感じやすく、また栄養バランスも不安定になりがちです。

身体の状態だけではなく、心の状態も並行して管理するにはやはり長期的なゆとりのあるダイエットがオススメです。

どうしても短期間で体重を落としたいときには

健康診断や身体測定などの直前などに「一時的でもいいから体重を減らしたい!」と思う人は多いのではないでしょうか?
特定の日までに体重を落としたいけれども、期間が短すぎる・時間がなさすぎるという悩みはありませんか?
そんな時に、一時的に体重を落とす方法が、実はあります。

身体から水分を抜くことです。

お風呂上がりやサウナなど汗をいっぱいかいた後に体重が減っているということはありませんか?
人の身体は6割が水分でできています。ダイエットを始めたばかりの人が「最初の数日で3kg前後ストンと痩せることができた」ということがありますが、ここで減ったのは脂肪ではなく水分なのです。

もしも体重を計る予定があるなら、前日夜から体重測定まで断食をするのも良いでしょう。一時的ですが体重は減少します。

ポイントはあくまで一時的な手段とすることです。
人間は1日あたり200~100ml程度の水分を必要とします。そのうちたった2%の水分が足りないだけでふらつきなど脱水症状の兆候がでてきます。

「体重を減らす」のではなく「生活習慣を変えていく」という意識で継続していくと健康的でスマートな体型に行き着くのではないでしょうか?

関連記事