ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

知っておきたい!朝ごはんのダイエット効果

グラノーラ

ダイエットの基本は食事によるカロリーコントロールと運動によるカロリー消費です。
カロリーコントロールで、低カロリーな食事をすることによって減量することができるようになりますが、朝ごはんを抜くなどの食事を減らすことでの減量は栄養不足の原因になってしまうため避けることが大切です。

朝ごはんを抜くと太る原因

ダイエットをするときに朝ごはんは重要な食事になります。
食事を抜くことでカロリーを少なくすることもできますが、次の食事での代謝が低下してしまうため昼食を摂ると脂肪が蓄積しやすい状態になっているのです。

空腹の時間が長ければ長いほど、次の食事で体脂肪を蓄えようとする働きがあります。
つまり、ダイエットのために朝食を抜くことで逆に太りやすい身体を作っていることになります。

朝ごはんダイエットの効果

納豆ご飯

それを避けるためにも、しっかり朝ごはんとってダイエットすることが大切です。
朝にきちんと食べることによって消化器官が刺激されて、その刺激が腸に伝わりぜん動運動が始まります。
腸が動くことによって便秘の解消に繋がります。

寝ている間に体温は下がっていきますが、朝食を食べるという一連の動きが体温上昇に繋がり、血液の流れも良くしてきます。
体温上昇と血流改善がされれば、代謝も上がっていき消費カロリーが増えて痩せやすい身体へと変化していきます。

また、エネルギーを摂取することによって頭と身体をしっかり目覚めさせることができ、仕事や勉強に集中して取り組むことができたり、健康にも効果的です。

おすすめの食事

ダイエットに効果的な朝食メニューの基本としては、主食と野菜をしっかり摂取してカロリーに気をつけることが理想的です。
主食と野菜、低カロリーな食事としては和食が良いとされています。

しかし、朝からしっかり和食を食べることが難しいという場合には主食をしっかり食べることがおすすめです。
主食は大事なエネルギーのため便秘の予防にも役立ちます。
そのため無理に炭水化物を抜くよりもごはんやパン、シリアルなどしっかりとることをおすすめします。

朝から野菜は食べにくいという場合には、野菜ジュースを一本飲むだけでも身体の調子は違ってきます。
ジュース一本で済ませるよりは、シリアルにヨーグルトとバナナを一緒に食べることで満腹感を得ることができます。

果物は水分と栄養が一緒に摂ることができ、老廃物を洗い流すのにも効果的です。
朝食はダイエットにも日中の活動にも大きく影響が出てくる食事ですので、なるべくしっかり食べることをおすすめします。

関連記事