ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

豆乳はきれいにダイエットしたい女性のための救世主

豆乳

どうせダイエットするなら、体重を減らすだけではなく、綺麗にダイエットをしたいというのが女性の心理ではないでしょうか。
そんな救世主として、豆乳が注目を集めています。
原料は大豆ですが、大豆は美容と健康の両方に働きかける素晴らしい成分がたっぷり詰まっているのです。

ダイエットに効果的な成分

豆乳とは大豆を絞ったものですが、その中でダイエットに効果がある成分なのが、大豆サポニン・大豆ペプチド・大豆たんぱく質・オリゴ糖です。
大豆サポニンは食べ過ぎを抑えてくれたり脂肪や糖質の吸収を遅らせてくれます。

大豆ぺプチドは脂肪の燃焼を促し、基礎代謝を高めます。
大豆たんぱく質は食事で摂取しすぎた脂質やコレステロールを吸着して排出させます。
最後にオリゴ糖は、腸内のビフィズス菌や乳酸菌の栄養源となり、便通がよくなります。

なぜ綺麗にダイエットができるのか

きれいになる

豆乳には大豆イソフラボンという成分が多く含まれています。
これは体内で女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、更年期障害の症状緩和・生理不順の緩和・骨粗しょう症の予防など女性ホルモンが関連することに対して効果があるとされています。

また、ホルモンバランスを整えて痩せやすい体をキープしてくれる働きをしてくれます。
そしてコラーゲンやヒアルロン酸の生成や肌の保水力強化にも効果があるとされているため、美容にも効果的と言われているのです。

そのほかにも体が喜ぶ成分がたっぷり含まれているのです。
特にビタミンB1、B2、B6は美容ビタミンと呼ばれますが、これらが豊富に含まれています。

ダイエットに効果的な摂り方

豆乳は「調整」「無調整」「豆乳飲料」に分けることができます。無調整が一番大豆を絞った、そのままの濃度なので栄養価の高さは一番です。
でも最初は飲みやすくなければ続けることができないので、自分が飲みやすいものを選んで慣れることから始めることがお勧めです。

飲む時間帯として食事の前がお勧めです。
大豆サポニンが満腹中枢を刺激してくれるので、食べ過ぎの防止につながります。
また、お腹のすいた時に温めて飲むと腹持ちが良くて、ほんのり大豆の甘みがあるので満足感が得られます。

バナナやイチゴなどお好みのフルーツを入れたり、グリーンスムージーの原料として活用してみたりするのも、栄養価をアップさせるだけでなく長く続けることができるコツになります。
今はコンビニでも色んな種類の豆乳が売られているので、手軽に摂取することができます。

関連記事