ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

短期間でのダイエットはリバウンドしやすい

ダイエット

誰でも、長い間食べたいものを我慢するのは嫌なものです。
なので、ダイエットをするときには短期間で一気に痩せてしまおうと考える人も出てきます。
しかし、短期間ダイエットは効果がはやく出るぶん、リバウンドしやすいというデメリットがあります。

ここでは、短期間ダイエットの仕組み、なぜリバウンドしやすいのか、どうすれば回避できるのか、を考えていきます。

絶食系の短期間ダイエット

食べ物を一切食べなければ、摂取カロリーは0で消費カロリーは何もしなくても基礎代謝ぶんで減るので、痩せます。
いわゆる絶食系、断食系のダイエットと言われるこの方法は、確かに効果が出るのが早いです。
早い人だと1日で2kg以上落ちることもあります。

断食系でも最近は酵素ドリンクなど特定の飲み物だけはOKにしている方法もありますが、これでも普段摂取しているカロリーよりかなり少なくなるので、痩せます。

最初の頃は痩せるスピードが早いのですが、これ以上体重が減ると危険と脳が警告を発すると、痩せるスピードが落ちます。
人間は飢餓を乗り越えるために省エネモードで生きる術を身につけているので、これが発動するということです。

なぜリバウンドしやすいの?

リバウンド

一気に痩せると省エネモードに入ってカロリーが消費されにくくなる他に、栄養が入ってこないと筋肉から優先的に使われてしまうということが挙げられます。

ダイエッターにとっては脂肪から使われるのが理想なのですが、体は筋肉から先に優先して分解してエネルギーを取り出し、その次に脂肪を分解してエネルギーを取り出します。
筋肉は体で最大の熱生産器官です。
熱をつくるということはエネルギーを作って消費するということですが、筋肉が落ちてしまうと熱の生産量が落ちて消費カロリーも減ってしまいます。

普段の摂取カロリーから急激に摂取カロリーを落としたことで、体がなんとかエネルギーを確保しようとして筋肉が分解されて、基礎代謝が落ちてしまいます。
基礎代謝が落ちると消費カロリーが減るので、太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

リバウンドを回避するには

ゆっくり痩せれば、痩せていることに脳が気づかないのでリバウンドが起こりにくくなります。
省エネモードに入ってしまうと停滞期に入って痩せるスピードが落ちますが、これを脳に感じさせないように長期間ダイエットにしたほうがいいということです。

短期間だとかなりカロリーを制限する必要がありますし、食欲が常に満たされない状態なのでリバウンドは避けられません。
長期間ダイエットにしたほうがリバウンドは起こりにくいということです。

関連記事