ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ダイエット中にオススメ!この食材が痩せる!

ダイエット中に食べたい痩せる食材は、健康にも良い食べ物ばかりです。
具体的に何がいいのか挙げてみました。

ダイエットの定番、野菜

ダイエット食材の定番でもあり、欠かせないのは野菜です。

ブロッコリーには食物繊維がたっぷりですから、腸の活動は元気になって、これが代謝向上となり、体内の脂肪は勢いよく燃焼します。
マイナスカロリー食材であるブロッコリーは、食べるほどに痩せやすくなります。

同じようにマイナスカロリー食材として食べたいのは、水分たっぷりのセロリです。
食物繊維とカリウムも豊富なので、塩分過剰なむくみも撃退してくれます。

ダイエットにはキャベツも食べたいひとつであり、よく噛んで食べるので、お腹も満たされやすくなります。
食物繊維も多いキャベツなので、腸の働きも元気になり代謝アップにもつながります。

アミノ酸のアスパラギン酸を含む、アスパラガスも痩せるために良い野菜です、体内においての代謝を促進しますし、疲労回復効果もあります。
水分代謝も良くするので、むくみ解消にも手助けとなります。
スタミナ増強作用もあり、パワフルに活動して、痩せる行動をとりやすくなります。
食べることで血液もサラサラになりますし、痩せるために代謝もあがります。

必要不可欠なタンパク質

71592b2f4cfb33af31ebd021eba81246_s

ダイエットのためにはタンパク質も必要であり、肉や魚類も食べたい食材です。
低カロリーでありながら、高タンパクの代表選手として、鶏のささみ肉も取り入れるといいです。
鶏肉のほかにも、赤身肉も食べると痩せやすい体をつくることになります。
L-カルニチンも含む赤身肉ですから、食べれば太るどころか、脂肪燃焼を強力サポートしてくれます。
不和脂肪酸のオメガ3を含む、サケやいわしの魚も血液中の脂質を抑制します。

良質なたんぱく質として、大豆食品も痩せるために効果的な食べ物です。
大豆食品として日本人にも馴染み深い豆腐は、料理のレパートリーも豊富ですし、そのまま食べても手軽でおいしいです。
大豆自体に大豆タンパク質や大豆イソフラボン、それから大豆オリゴ糖やミネラルを豊富に含むので、これが痩せる作用につながります。
整腸作用やエネルギー変換効率アップ、それに代謝も高くしますし、脂肪燃焼効果も高くなります。

低カロリーなきのこ類

痩せる食材として、きのこ類もメニューに入れましょう。
食物繊維が多いエリンギは、便秘解消やみくみの解消にもなります。
おなかが膨らむのもエリンギの良いところですから、低カロリーでお腹も満腹になりやすいです。

最強のダイエットの食べ物として、えのき茸も欠かせません。
脂肪の吸収を抑制するキノキキトサンや、脂肪を燃やすエノキタケリノール酸を含みます。

関連記事