ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ダイエット中でも食べたい!食べてもOKなおやつ

ダイエット中でも食べたいおやつは、GI値が低いお菓子を選ぶことです。
何かを食べた時には血糖値が上がりますが、その数値を表しているのがGI値です。
高いGI値を持つ食べ物は、口にすれば血糖値が急上昇します。
そして体の中で、脂肪として蓄積されやすくなりますので、ダイエット中には避けるべき食べ物になります。

食べた時に人間の身体の中で起こる反応

おやつに関してもGI値の高い食べ物を選び口にすることで、血中のブドウ糖は一気に上昇して、体内では血糖値が急上昇します。
血糖値が上昇することで、体内ではインスリンがすい臓から分泌されます。
これは血糖値を、できるだけ安定させるためにです。
すい臓よりインスリン分泌があると、たくさんの中性脂肪ができますから、結果的には脂肪型以上に蓄積されやすくなります。

ダイエットを成功させるためには、体内で血糖値が急上昇する食べ物は、控えることが無難になります。

ダイエット中でも食べたいおやつ

e027d0d01f32879e5efca30e0208f463_s

食べてもいいのは、GI値55以下のレパートリーです。
ヨーグルトやゼリー、プリンにパンナコッタ、ココアやクリームブリュレです。
カロリーもですが、とにかくGI値を意識して選ぶべきでしょう。

フルーツならジューシーで、いくら食べてもいいと思っていたら違います。
フルーツは甘味がありますが、それは果糖がたっぷりだからです。
体内に入ってしまえば、糖質であることには変わりがないため、食べ過ぎれば太りますから要注意です。

噛んで甘味があるものは、フルーツのみではなく炭水化物も同じであり、小腹がすいたからといって、お米やパンなどをたくさん食べれば、それも糖質が過剰となって太りやすくなりますから注意です。

控えたほうが良いおやつ

×控えたほうがいいGI値70以上のおやつ

  • ドーナツ
  • キャラメル
  • どら焼き
  • チョコレート
  • かりんとう
  • ショートケーキ
  • ワッフル
  • クッキー
  • フライドポテト
  • ポップコーン  など

案外見落としがちですが、飴もいくつも食べれば糖質はしっかりあるので良くないです。

△できれば食べないほうがいいGI値70から56のおやつ

  • ポテトチップス
  • スイートポテト
  • カステラ
  • アイスクリーム  など

小腹がすいた時のために、野菜スティックを用意しておいたり、チーズやナッツ類を常備しておくと、おやつにも重宝します。
ゆっくりと、よく噛んで食べることを意識しましょう。

関連記事