ダイエット中は調理法を変えてカロリーカット|ダイエット成功方法【2019年最新版】

ダイエットトーク

HOME食事ダイエット(レシピやおすすめの食べ物)ダイエット中は調理法を変えてカロリーカット

ダイエット中は調理法を変えてカロリーカット

ダイエット中は調理法を変えてカロリーカット

調理法を変えるだけで、大幅にカロリーカットできる可能性があります。
食べるのを我慢するダイエットは続けにくいですが、調理法を変えるだけならば、料理好きな人なら楽しく取り組めるかもしれません。

ここでは、カロリーカットに使える調理法、味付けのコツ、などをみていきます。

茹でるとカロリーカットしやすい!

カロリーが多い食材の代表の肉は、茹でることで大幅にカロリーカットすることができます。
そもそも、日本は水が豊かな国なので、水がたくさん使えないヨーロッパなどのような国と違って茹でる料理は得意としています。

薄切り肉は茹で過ぎると硬くなるので、食べる直前に入れるようにしましょう。
塊の肉は、切らずに塊のまま茹でてあげた方が中までしっとりジューシーになります。

茹で汁はスープなどに使うと美味しいですが、これだとせっかくカロリーカットした意味がなくなってしまうので、ダイエット中はもったいないですが捨ててしまうようにしましょう
もしくは、炒め物の油や調味料として使う方法もあります。

焼いてもOKなんです!


網焼きをすると、肉はカロリーカットできます
網で焼くときには、事前に網を熱しておくと網に肉がくっつきにくくなります。

材料を乗せたら強火にして表面だけ焼いて、裏返したら中火に弱めて中までじっくり火を通しましょう。
魚焼きグリルの網を使ってもいいですが、火力が強すぎて焦げてしまうことがあるので注意しましょう。

網焼きすると余分な脂肪だけが落ちるので、中はジューシーに仕上がります。
網に肉がくっついてしまう場合には、少しだけ油を塗ってあげるといいです。

味付けはシンプルにしましょう。

日本人の味覚は敏感で、甘味、苦味、酸味、旨味、辛味、などいろいろな味付けを楽しむことができます。
しかし、ダイエットのためにはできるだけシンプルに、甘い味付けは避けた方がいいです

例えば、蒲焼のたれや照り焼きのたれなどは、砂糖が入っているのでカロリーが高くなりやすいです。
これを塩コショウなどでシンプルに味付けしてあげれば、カロリーをぐっと抑えることができます。
シンプルに味付けすると食材の持つ本来の味を楽しむことができるので、おすすめです。

塩味だけで飽きる場合には、スパイスやハーブを活用してあげると味に変化を与えることができます。
肉にはハーブがよく合うので、塩コショウだけの味付けに飽きたら、照り焼きなどにはせずにハーブをかけてあげるといいでしょう。
味付けはシンプルに、を基本にしましょう

みんなのオススメダイエットBEST3

関連記事はこちら