ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ダイエット中の食事メモ:お肉は脂肪の少ないヒレ肉を

ヒレ肉

ダイエット中でもお肉は適度に取った方が良いです。
お肉はタンパク質が豊富です。
タンパク質が不足すると筋肉が作られにくくなるので、代謝が落ちます。
適度にお肉を食べてタンパク質を補充するのはダイエットにも良いです。

タンパク質の重要性

一般的な生活で摂取できるタンパク質は、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品等です。
タンパク質は、血液・筋肉・骨・肌を構成する大切な成分です。
ダイエット中だとしても、この栄養素は必ず、毎日適切に摂取しないと体に良くないです。

また、先に説明した通り、タンパク質は筋肉を作ります。
筋肉は何もしないでもエネルギーを消費していくので、筋肉をつけると痩せやすい体質になります。
タンパク質も色々なタンパク質があるので、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品等からバランス良く摂取しないといけません。

赤み肉はL-カルニチンが含まれています

赤い肉

赤み肉はL-カルニチンが含まれています。
L-カルチニンは脂肪燃焼効果があります。

このL-カルニチンはダイエットにおいて、一番落とさなくてはいけない脂肪に働きかけます。
この栄養素を補給しておけば、体にたまっている脂肪は順次エネルギーに変換されますし、体にたまっていない脂肪(食事等で摂取した新たな脂肪)も、順次エネルギーに変換させます。

この様に、L-カルニチンは脂肪に働きかけ、一番おとさなくてはいけない不要な脂肪を落とす働きがあります。
現在、このL-カルニチンは注目されています。

ヒレ肉はカロリーが低い

ダイエットにおいて、タンパク質は重要であり、様々な種類のタンパク質から摂取した方が良い事を確認しました。
また、赤み肉はタンパク質が豊富で、Lーカルニチンという脂肪燃焼作用があるという事から、ダイエットに向いているという事も確認ができました。

ダイエットにおいては、非常に重要な事があります。
それは、カロリーが高いといけないという事です。
タンパク質が豊富で脂肪燃焼作用が赤み肉にあるとしても、脂肪が大量についている赤み肉だと意味が無いです。

牛のヒレ肉はカロリーが低いです。
ヒレ肉は185kcal(100グラム当たり)です。
他の部位はもも肉181kcal,ひき肉224kcal、サーロイン334kcal、ばら肉454kcalです(100グラム当たり)。
豚の場合も、ヒレ肉115kcal、ひき肉221kcal、ロース263kcal、ばら肉386kcal(100グラム当たり)。

この様に、ヒレ肉はカロリーが低く、同時にL-カルニチンが含まれているので、ダイエット中の食材としては良い食材です。
特に豚のヒレ肉がカロリーが低くて良い食材です。

関連記事