ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ダイエット中の食事メモ:パスタの前には果物を

フルーツ

果物は食物繊維が少なくなく、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を食事の始めに簡単に同時に摂取できる優れものです。
水溶性食物繊維は、食中に血中の血糖値の急上昇を抑えますので、パスタの栄養を脂肪に変えにくくする働きがあります。

水溶性食物繊維はお腹で膨れるのでパスタを多くは食べれなくなるので、不要なカロリー摂取を抑えれます。
また、不溶性食物繊維も食後の後の便通を良くします。

食物繊維とダイエット

食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維はダイエットに良い事が確認されています。
水溶性食物繊維は、ペクチン・アルギン酸・グルコマンナン等があります。
果物に含まれる食物繊維はペクチンが多いです。

水溶性食物繊維は水分保持力が強く、水に溶けるとゲル状になります。
この粘性がダイエットに効果があります。
また、水溶性食物繊維は、食事の際の炭水化物(糖分)の消化・吸収を抑える作用があります。
また、腸の粘膜を守り、腸内の善玉菌を増やす効果があります。
不溶性繊維も便通が良くなるのでダイエットには良いです。

果物と食物繊維

パスタ

果物に含まれる食物繊維は水溶性食物繊維ペクチンが多いです。

このペクチンは、お腹で膨れ満腹感が得られ、同時に摂取した食べ物の炭水化物(糖分)による血中の血糖値の急激な上昇を抑え、体に脂肪が付きにくくなり、また、整腸作用があり、ダイエットに最適な食物繊維です。
また、不溶性食物繊維も含まれている事も多く、便通が良くなります。

食物繊維は水溶性と不溶性バランス良く摂取する必要があります。
食物繊維が多いのは、アボカド・パパイヤ・ブルーベリー・みかん・キンカン・キウイ・バナナは食物繊維が多く含まれています。
簡単に摂取できます。比較的安価に手に入れることができます。

果物の後にパスタを食べる意味

果物に含有している食物繊維は、食事の最初の方に食べる必要があります。
先に説明致しました通り、水溶性食物繊維は、食事の際に同時期に入ってきた炭水化物(糖分)の影響による、血中の急激な上昇を抑えます。
炭水化物を脂肪に変えにくくします。

パスタの種類によりますが、パスタの場合にも炭水化物・脂質も多いものがあるので、これらを体の脂肪に変化させないために、効果があります。
また、水溶性食物繊維はお腹の中で膨れるので、パスタそのものを多く食べる事ができなくなるので、不要なカロリーを摂取しなくて良くなります。

この様な理由からダイエットにおいてパスタの前に摂取する事はダイエットに良いです。

関連記事