ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

食べながら痩せちゃう?!きのこダイエットの効果と方法

きのこ

ダイエット中にはある程度の食事制限やカロリー制限が必要となります。そんな際に利用したいのが、きのこです。

カロリーも低く、栄養価も優れているため、調理方法さえ注意すれば上手にカロリー制限をしながら、お腹いっぱいになることができます。

きのこに含まれている栄養とは~ビタミンや食物繊維

きのこには、ビタミンミネラル食物繊維が豊富に含まれています。

種類により異なりますが、ビタミンの中でも多く含まれているのがビタミンDです。ビタミンDには筋肉を増強する効果がありますから、ダイエット中に運動をしながら摂取すると、効率的に筋肉を作り出すことができます。

それから食物繊維です。食物繊維には大腸の環境を整える効果があります。
特に便秘がちな人にとっては、それを解消するためには食物繊維は必要不可欠な栄養です。溜まった便によって体重が増加していると言うのは、決して珍しいことではありませんから、心当たりがある人はきのこを食べて食物繊維を摂取して、便秘解消に心がけると良いです。

また体内に蓄積されている脂肪の燃焼を促す効果がある、キノコキトサンと呼ばれる成分も豊富に含まれていますから、効率的にダイエットを進める上での頼りになる食材です。

きのこのカロリー~食べ過ぎても安心できる数字

きのこ
きのこのカロリーは、勿論、量や種類によって異なりますが非常に低い数字です。
一例を挙げると、しめじ1パック100gで20カロリー、えのきだけも同様の重さで、同じカロリーです。まいたけになると同じ量でも14カロリーと更に低くなります。

歯ごたえがあるエリンギは、中1本50gで10カロリー、小ぶりながらの味わい深いマッシュルームも、水煮の場合は50gで7カロリー、生の場合は5カロリーです。

このカロリーの低さは、なかなか他の食材ではお目にかかることができない数字です。ですからダイエット中に、食欲の赴くがままに食べ過ぎてしまったとしても、それほど罪悪感にとらわれずに済みます。

きのこの力を上手にダイエットに活用するためには

ただし、ただ単純にきのこを食べていれば良いと言うわけではありません。
含まれているビタミンDは脂溶性であるため、油で調理するのが望ましいですが、食材としては非常に油を含みやすいと言う特徴を持っています。

そしてダイエット中に、過度に油を摂取することは、できれば避けたいところです。ですから、効果的にダイエットを行うためには、調理方法に配慮する必要があります。

たとえば油で調理する場合でも、同じくダイエットに効果が期待できるオリーブオイルやココナッツオイルなどを使用すると良いですし、その量だけは計量する習慣を持つと安心です。

また冷凍するとキノコキトサンの量が増えると言われていますから、切った物を冷凍ストックしておけば、スムーズに調理することができます

関連記事