ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

トコトリエノールとダイエットの関係

ココナッツ

トコトリエノールはビタミンEの一種で強い抗酸化作用が確認されています。
「スーパービタミン」とも言われている商品です。

人体は酸化すると、代謝が悪くなり太る傾向にあります。
その場合には、酸化を防ぐ事が必要になります。
この成分は強力に人体の酸化を防止し、老化を防ぎ代謝を良くします。
という事から、この成分はダイエットに最適な成分です。

トコトリエノールとは

ビタミンEの一種です。強い抗酸化作用が確認されています。
ビタミンは大きく2つに分類できます。
トコトリエノール類とトコフェロール類の2種です。

前者は後者の40-60倍の効果が期待できます。別名「スーパービタミン」と言われています。
この成分は、パーム油・ココナッツ油・米ぬか油等の一部の植物油にしか含まれていません。
また、含まれていても、少量しか含まれていないので、とても希少です。

強い抗酸化作用がある事から、美肌・美白効果があると注目されてきましたが、現在ではダイエット面においても注目されてきております。

酸化とダイエットについて

ココナッツオイル

人は、酸素を外気から取り入れ、酸素が体の栄養素に働きかけ、行動に必要なエネルギーを作ります。
しかし、余った酸素は酸化力の強い、活性酸素に変化し、人体の老化現象を発生させ、代謝機能を悪くします。

代謝とは、体内のエネルギーの消費です。
代謝が悪いと体に脂肪が蓄積し太っていきます。この活性酸素を退治するのが、抗酸化物質です。

そもそも、人体は抗酸化性がありますが、喫煙・ストレス・睡眠不足・食事等の理由から、活性酸素が増大すると、人体に老化現象が起き、代謝が低下する事が確認されています。
つまり、過度の酸化はダイエットに良くないです。

トコトリエノールとダイエットについて

先に説明しました通り、トコトリエノールは強い抗酸化作用が確認されております。
体内の酸化を防げれば、体の老化現象は抑制され、代謝が良くなります。
つまり、強い抗酸化力があるこの成分を摂取すると、老化は起きず代謝が良くなるという事です。

代謝が良くなると何もしないでもエネルギーは消費されていきます。
寝ている時にも、人体はエネルギーを使用します。
運動時においても、効率良くエネルギーが消費されていきます。

この様に、トコトリエノールはダイエットに向いています。
ただ、注意しないといけないのが、抗酸化作用があるといっても、油です。
油はカロリーが高いので油で摂取する場合には注意が必要です。
サプリメント等でも摂取できますので、無理して油で取る必要性はありません。

関連記事