ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

痩せたい人は冷ご飯がいい?「レジスタントスターチ」とは

冷ご飯ダイエットが流行りましたがご存知でしたか?
その人気の正体が「レジスタントスターチ」です。冷めたごはんにするとなぜダイエットに良いと流行ったのかご紹介します。

レジスタントスターチって何?

レジスタントスターチの「レジスタント」とは、消化されないという意味で、レジスタントスターチとは胃や小腸で消化・吸収されずに大腸まで届くでんぷん質のことをいいます。

別名「難消化性でんぷん」とも呼ばれ、消化されないという点において食物繊維に似ており、ご飯などが冷めると、でんぷんがレジスタントスターチに変化し、ダイエット効果が期待できるといわれています。

白米などの炭水化物は、ダイエットで制限しましょうと言われることが圧倒的に多いので、やめられない人はレジスタントスターチの効果をうまく利用して食べるようにしましょう。

レジスタントスターチの効果とは

ダイエット効果
では、なぜレジスタントスターチが効果的だといわれるのでしょうか?実は、ダイエットや健康のためにありがたい効果が複数あるんですよね。

  • 血糖値が急激に上がらない
  • 糖質や脂肪の吸収を妨げる
  • 余分は老廃物を排出する
  • 便秘解消効果
  • 腸の働きをよくする

食物繊維に似ていると先ほど書きましたが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方の良いところを合わせ持っています。

また、炭水化物が冷ました状態でレジスタントスターチを摂取しようとした場合は、噛みごたえが増しています。

ほかほかの炊きたてご飯よりおにぎりの方が噛みごたえがあるでしょう?
かけそばよりざるそばの方がやはり噛みごたえがあります。

それによって、自然とよく噛むようになりますから、満腹感を得やすくなるというのも効果のひとつです。

レジスタントスターチの効果を最大限利用するには

冷ご飯ダイエットが一時期流行り、レジスタントスターチのことを知る人が増えました。ご飯を我慢できないなら、冷ご飯を食べたほうがいいというダイエット方法です。

ご飯ばかり注目されていましたが、それだけではありません。
いも類・豆類・小麦粉を使うパンやパスタなども、同じようにレジスタントスターチを摂取することができます。暑い時期には、冷製パスタなどもいいですね。

ただし、注意も必要です。
レジスタントスターチの効果を得るためには、冷ます時に急激に冷まさないことです。レジスタントスターチができにくくなります。
一度冷ましたものを再度温めるのもダメです。

また、いくらダイエットに効果があるといっても、食べ過ぎていては意味がありません。また、冷えに注意すべき寒い時期にわざわざ冷やして食べるのも、別の意味でダイエット効果を半減させてしまいます。

あくまでも適量を適切な環境で食べてこそ、レジスタントスターチの効果が発揮されます。


最近では健康効果の期待も高まり、さまざまな商品が開発・販売されています。
レジスタントスターチが最初から豊富に含まれているレジスタントスターチ米なども販売されているんですよ。

そういった商品をうまく活用するのもいいですね。

関連記事