ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

テレビでも話題沸騰!話題の8時間ダイエット

時間を意識してダイエットする方法が、アメリカから上陸した「8時間ダイエット」です。テレビでも特集が組まれ、グラビアアイドルでタレントでもある谷澤恵里香さんが実践して話題になりました。
 

8時間ダイエットとは何?

8時間ダイエットとは、その言葉通り1日8時間以内であれば、何をどれだけ食べてもいいというダイエット方法です。

どれだけ食べても良いからといっても限度はありますし、栄養が偏っては意味がありません。その点は注意してくださいね。

手軽にできるという反面、このダイエットは向かない人もいて、逆に太ってしまった経験をした人もいます。

生活スタイルに強く影響されるダイエット方法なので、仕事などで不規則な生活をしている方にはつらいダイエット方法になるでしょう。8時間内に十分に食事ができなかったり、食事ができない16時間内に活発な活動が必要になる方には向きません。

逆に、生活リズムが規則的な方、食事の時間を自由に調整できる方、プチ断食をやってみたい方にはおすすめです。

正しいやり方を確認して、自分に合ったダイエット方法なのか考えてから実行してみましょう。

8時間ダイエットが効果的な理由

8時間ダイエット
いつ・何を・どれだけ食べてもいいというのは嬉しいものです。
ついつい8時間以内なら食べてもいいということばかり考えてしまいますが、逆の考え方をすると16時間は何も食べられないということになります。ですから、一種のプチ断食でもあるんです。ここがダイエットに効果のある部分です。

人の体は、エネルギーを消費するために糖質を使っています。そして、その糖質がなくなると脂肪を燃焼してエネルギーにするんですね。

16時間食べていないということは、その間は糖質が供給されないことになります。
だから、脂肪が燃焼されやすくなるわけです。内蔵・消化器官を休めることができるのもポイント高いですね。

また、8時間という間に食事をすませるということは、食事と食事の間が短いことになります。それによって、普段より食事の量が減ったり、ドカ食いをしなくなるというのも効果のある理由です。

8時間ダイエットのやり方

朝食からスタートして、その時間から8時間以内に基本的な食事3食をすませます。

例えば、朝8時に朝食を摂ったとしたら、夕方の4時までに3食を食べ終えるようにします。そして、次の朝食までは水分補給のみします。
成功した人の多くは、朝食の時間を遅くスタートしていますね。正午からスタートすれば、夜8時までに食事を済ませればいいことになります。

とにかく大切なのは水分の摂取です。お水や白湯・お茶などを積極的に摂取するようにしましょう。脱水の心配はもちろんですが、水分摂取が少ないと空腹感がましてしまうからです。

脳は、喉の渇きを空腹と勘違いしてしまうため、水分補給をすることで空腹を和らげる効果があります。

また、食事をするときは、栄養バランスを崩さないように注意しましょう。
いくら何でも食べてよいからといっても、単品メニューばかりで栄養バランスが崩れてしまっては体調を崩してしまいます。

空腹感を抑える働きのある卵・チーズ・赤身肉などは積極的に食べましょう。
そして、豆やナッツ類も腹持ちをよくし、吸収をゆっくりにする働きがあるため摂取したい食品です。


8時間以内というのは厳しいという方は、10時間以内ぐらいに時間を伸ばして始めるのもいいでしょう。また、毎日ではなく週に数日という形で始めて慣れるのもいいですね。

軽く有酸素運動をしていけば、抜群の効果を発揮するダイエットです。

関連記事