ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ダイエットに効く?コーヒーの驚くべき効果

痩せるためにもコーヒーのダイエット効果を、上手に取り入れてみましょう。
コーヒーにはカフェインが含まれているのはよく知られていますが、過剰摂取には気をつける必要があります。
目覚めのための覚醒作用がありますし、中枢神経を興奮させます。

カフェインにはリパーゼが含まれていて、消化酵素の活発化に働きかけます。
脂肪を分解するのがリパーゼの酵素ですから、脂肪分解を活発に行い脂肪燃焼もしやすくなります。

コーヒーとダイエットの関係

コーヒーはポリフェノールの一種である、クロロゲン酸も含有しています。
クロロゲン酸も体内において、脂肪の分解を促進させる作用があります。
食事で摂取した脂肪を、体内に蓄えてしまうのを抑制する作用も働きます。

クロロゲン酸やカフェインを含み飲みものですから、食事で摂取した脂肪を、体の中にストックしにくくしてくれます。
体内に蓄積されている脂肪に関しても、燃焼効率を高めてくれる作用もあります。

血流も良くしてくれるコーヒー

a452de9b84ce0d7bbbc6753170491e9e_s

コーヒーにはカフェインが含まれますから、その働きで体内の血流をよくする作用があります。
体全体の血行が良くなりますから、血液は隅々にまで行き渡り、体の体温も高くなります。
体温が上がることで代謝も向上しますから、ダイエットをしても効率的に痩せやすい体に変わっていきます

冷え性の改善にもなりますし、血液循環が順調になれば、体のコリは解消されて、肩こりなども軽くなっていきます。
体が楽になると、アクティブに行動もしたくなります。

ダイエットにはむくみは大敵ですが、カフェインには利尿作用がありますから、むくみからも解消されます。
体内に溜まった不要な老廃物や水分を、効率的に尿として排出されることになります。
むくみを放置してしまうと、脂肪と結合をして、その部分にはセルライトができます。
一回出来てしまうと簡単には無くせないのが、セルライトの困ったところです。

そんなセルライトをつくらないための予防にも、一役かってくれることとなります。

腸の運動にも効果的

コーヒーのカフェインには、腸の収縮を行う神経を、適度に刺激する作用もあります。
腸の運動をよくすることにもなるので、便通も良くなります。
こうして便秘も解消されるので、ダイエットにも大きなメリットになります。

クロロゲン酸は体内に入ると、血管を健やかにします。
糖尿病や高血圧などの生活習慣病を、予防する効果まであります。

コーヒーは適量を飲むことで、ダイエットのサポートにもなり、健康にも味方になってくれます。

関連記事