ダイエット中に気をつけたい事!【過度の痩せすぎ、摂食障害】|ダイエット成功方法【2019年最新版】

ダイエットトーク

HOMEダイエットの基本とFAQダイエット中に気をつけたい事!【過度の痩せすぎ、摂食障害】

ダイエット中に気をつけたい事!【過度の痩せすぎ、摂食障害】

ダイエット中に気をつけたい事!【過度の痩せすぎ、摂食障害】

「痩せたい」という気持ちが高まりすぎると、最初のダイエットの目的を忘れておかしな方向に走ってしまうことがあります。
特に急に食欲がなくなったというときには、ダイエットが強迫観念に変わっていないかどうかに注意する必要があります。

ここでは、ダイエット中の食欲がないというときに考えられる病気、怖さ、立ち直り方について解説していきます。

痩せたい!思いが強すぎると

ダイエットに励む人は多いですが、何だか精神的に食欲がないというときには強迫観念が出ている危険性があります。
この場合は「痩せたい」というよりも「痩せなればいけない」という状態です。

この状態になると、最初は食欲がなくなります。どんどん体重が落ちていって、ダイエットに成功している達成感で食欲不振の不味さを忘れてしまいます。
本来ならば食欲不振は体の異常を知らせるシグナルですが、痩せたいという気持ちが強すぎると「痩せられたから良いや」ということでシグナルを見落としてしまう危険性があるのです。

痩せすぎ注意

3e337a1s
食欲がない状態が慢性化すると、今度は普通に食べられなくなります。
食べなければいけないとわかっていても体が食事を受け付けなくなったり、気持ちの上で食べることに罪悪感を抱いてしまうようになります。こうなると摂食障害ギリギリです。

摂食障害になってしまうと、いくら痩せても納得できなくなります。骨と皮ばかりになっても「まだ痩せたい」と思うようになり、最悪の場合は命を落としてしまう人もいます。

摂食障害は特に女性に多い病気ですが、男性がならないというわけではありません。
発症年齢も最近では低年齢化しており、小学校の子どもが極端なダイエットから摂食障害になることもあります。

方向修正の方法

摂食障害から立ち直るのは並大抵のことではできません。心療内科や精神科といった心の病気の治療を専門にしている病院を受診することが必要になることもあります。
ただ、まだ軽い状態であれば、ダイエットの考え方を見直してみることで自力で方向修正できる可能性はあります。

食欲がないと感じたら、それは危険なダイエットになっている可能性が高いです。
また、内臓に負担が出ている可能性もあるので、ダイエットを中断するか病院を受診するようにしましょう。

ダイエット中は、自分に厳しくする人が多いですが、優しくしてあげることも大切です。辛いダイエットは続きません。
なぜ痩せたいのか、痩せたらどんなことをしたいのか、というビジョンを明確にして、目標体重を設定しておきましょう。そうすれば、危険なダイエットに走ってしまうリスクを減らすことができます。

みんなのオススメダイエットBEST3

関連記事はこちら