ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ランニングでのダイエットが向いている人は?

ランニングはジョギングと比べてハードですが、より脂肪燃焼力を高められるメリットがあります。
筋肉の強化にもつながるので、筋肉不足による脂肪太りに最適なのです。
年齢を重ねてくるとランニングは辛くなるでしょうから、比較的若い40代までのダイエットとしておすすめです。

ランニングは理想的な有酸素運動

酸素を大量に消費する運動なので、自然と脂肪燃焼力が高まります
特に食前に行うと、より効率的に脂肪を燃焼できます。

体脂肪をエネルギーとして消費するため、お腹周りがスッキリとしてきます。
ランニングは筋力を高める作用もあるので、ぽっこり体型の方にもおすすめです。

失敗するダイエットの共通点は、タンパク質が不足することです。
ただ、タンパク質を多めに摂っても、それを筋肉に変えて身体を引き締めるためには運動が必要です。

筋力強化のためには、ジョギングよりも断然効果的なのです。
身体全体の筋肉を使うイメージで走るようにしましょう。
余分な部分の脂肪が燃焼されるので、スッキリとバランスよく痩せることができます。

ランニングの効果的な時間は

a18e06bd17bbc004eb48135fa29ddc3a_s

痩せるための運動は、20分以上を基本として行う必要があります。
10分を朝夕に1回ずつ行う方もいますが、10分という時間は痩せるためには中途半端なのです。
燃焼体質に導くためには、20分程度は運動したいものです。

運動の20分は意外と長く感じられますが、辛いようならペースを少し落とすとよいでしょう。
家族や友人と行うならば、おしゃべりしながら続けると時間の経過が早いです。

継続的に行うことに意味があるため、続けられる運動強度にしましょう。
頻度は1日置きくらいがベストとされていますが、これは筋肉疲労を防ぐためです。

代謝低下が気になる方におすすめ

ランニングによるダイエットは、代謝低下が気になる方におすすめです。

身体の変化を感じる年齢は、30代という方が圧倒的に多いです。
食事量が変化していないのに、どんどん体重が増えていきます。
代謝低下により太る場合は、食事制限より運動で痩せたほうがいいのです。

過度の食事制限は、必要な栄養素を減らすことにつながります。
必須栄養素を満たすためには、摂取カロリーを減らしすぎるのはいけません。

食事量を現状維持しながら、ランニングを取り入れて代謝を促進していきましょう。
注意したいのは運動をしているから、沢山食べても太らないと安心しないことです。
運動をすれば代謝は高まりますが、それ以上に食べていれば体脂肪が溜まっていきます。

関連記事