ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

短期間ダイエット、いきなりやめたら危険

短期間ダイエットで注意したいのは、いきなりやめないことです。
ダイエットをする最大の目的は、痩せやすい体質に変えることなのです。
結果として体重も減少しますが、本来の目的は痩身体質になることです。

一時的に体重を落としても、肥満体質になるようではリバウンドを招くだけです。

少しずつ燃焼体質に導いていこう

短期間ダイエットをする上で注意したいのは、目的の体重まで減量できても、すぐにやめないことです。
ハードなメニューを少し楽にして、続けていくのが好ましいのです。

例えば、短期限定の置き換え式ダイエットをする場合、1日2食の置き換えが効果的ですが、長く続けるのは容易ではありません。
そこで、ある程度減量ができたら、今度は1日1食の置き換えにするのです。

どんなダイエットにも言えることですが、急にやめるとリバウンドしやすいです。
リバウンドしないためには、時間をかけて痩せ型体質に変えていく必要があります。
短期間ダイエットで大幅減量をしたあとも、6ヶ月~1年程度は対策が必要なのです。

痩せ型体質になるには短期間では無理なのです。

ストレスの溜まる短期間ダイエットは危険

ca6eb7fd43b43d3e6c1115d0b0a143c4_s

短期間ダイエットを実践する上で、過度のストレスはダイエットを失敗させるので注意しましょう。
痩せるためにはある程度の努力は必要ですが、強い苦痛を感じるようなレベルだと長続きしません。
1~2ヶ月などの短期間ダイエットは、体重を落とすことはできますが、痩せ型体質に導くことは難しいのです。

簡単なダイエットほど成功率が高いのは、ストレスが溜まらないからです。
こうした方法は継続しやすいので、体重を落としつつ痩せ型体質に変えられます。

ダイエットは肥満対策を徹底しよう

ダイエット後は再び太らないために、肥満対策を実践しましょう。
太りやすい方の習慣は大体決まっているのです。

生活習慣が乱れている方は、総じて太りやすい傾向があります。
不規則な生活を自負する方は、ここから改善していく必要があります。
食事回数が1日2回、慢性的な寝不足、冷え性体質などなど。
運動をほとんどしない方も肥満体質になりやすいため、簡単なウォーキングなどを続けるのがいいでしょう。

スリムな体型を維持するためには、太らないことが何より大切なのです。
太ってから減量をしても、皮膚がタプタプになってしまう可能性が高いです。
そうなれば、皮膚を除去するための手術が必要になることもあります。

短期間ダイエットで目標体重まで落としたら、今度は肥満対策を徹底することです。

関連記事