ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ダイエットで筋トレと食事のタイミングは?最適なタイミングについて教えます!

筋トレでダイエットをする場合には、食事と筋トレのタイミングを考える必要があると言えるでしょう。
このタイミングを意識することで効果をより発揮しやすくなりますし、体のためにも負担がかかりません。

筋トレと食事のベストなタイミング

食事をとった直後というのは、胃腸が食物を消化する活動を優先させた方が良いと言えます。ですから、食後2~3時間は筋トレをしないほうが良いと言えますし、風呂にも入らないほうが良いと言えます。
逆に、筋トレの直後は、脂肪を燃焼させる活動を優先させた方が良いと言えます。ですから、運動後2~3時間は食事をとらないほうが良いと言えるでしょう。

特に、ダイエット効果を有効にするためには、寝る前に食事をとらない方が良いと言えます。
つまり、夜に運動をして夜中に食事をとるというパターンは、ダイエットの観点で悪いタイミングであると言えます。

ですから、夜に運動をするという場合には、例えば夕食を18時までにとって21時から運動をするというようなスケジュールにして、運動後は翌朝まで食べないようにするというのがダイエット上望ましいと言えます。
というのは、寝る前に食べてしまうと脂肪が体内に蓄積されてしまうからなのです。

良い睡眠と運動との関係

30
また、良く眠るためには、筋トレだけではなくジョギング等のエアロビクス運動や、ストレッチ・マッサージや風呂に入るなどのRelaxation活動も効果的です。
このような活動を就寝前に行いますと、就寝時に高くなっている深部体温が低下していくこととなり、この体温低下が睡眠を促進することにつながるのです。

また、トレーニングによって張り詰められた筋肉は、マッサージや入浴などで弛緩させておいたほうが深い眠りにつながると言えます。
このような運動習慣は、体内の筋肉量を増加させ、深部体温を増加させることになります。

規則正しい運動生活が大切

実は、我々人間の体温というのは、筋肉量が多ければ高くなるものなのであり、この体温の増加は体の抵抗力を高め、我々を色々な病気から守ってくれることになるのです。
ですから、規則正しい運動生活をおくっている人は、ダイエット効果があるだけではなく病気になりにくい人でもあります。

それから、朝の時間帯に運動をする人の場合には、朝起きて食べてから暫くした後に運動をしたほうが良いと言えるでしょう。
早朝の運動と言いますと何かイメージが良いものですが、実は無理して早朝から運動をすることにより却って健康を害してしまう人も少なくないのです。
特に寒い冬の時期には、食べずに無理をして早朝から運動をするのは、中高年の人にとって危険だと言えます。

関連記事