ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ダイエットメニューは酵素たっぷりな野菜を中心にヘルシーに

ダイエットメニューは、使用する食材は野菜を中心にヘルシーにするのがポイントです。
野菜は低カロリーでありながら、食物繊維や酵素、ビタミン成分の栄養がたっぷりだからです。

満腹感を得てダイエットをするのであれば、ダイエットメニューには野菜を多く使用しましょう。
野菜の酢漬けや温野菜などもダイエットメニューにはぴったりです。

ダイエットメニューには野菜を

毎日の食事のメニューには、いろいろな種類の野菜を使いましょう。
ミネラルやビタミン、食物繊維なども野菜から多く補給することができます。

見た目の食事メニューが、野菜でカラフルになるように作ると、簡単に調理や用意をすることができます。
厚生労働省より打ち出されているのは、1日の野菜摂取の目標量は350gですから、その数字を目安にしてもいいでしょう。
野菜はそのまま食べてもいいですし、野菜ジュースにしたり、煮込んでスープにしても量を食べられますから、アレンジは自在です。

酵素たっぷりな野菜の効果

663698dc1d5d48bbf03a3a25f10c75d5_s

お腹への満腹感を得る方法としては、食前や食事の前に生野菜をよく噛み締めて食べるのもいい方法です。

酵素が豊富に含まれる、生野菜からのチャージが可能です。
酵素を意識して食べるの出逢えば、加熱はしないで生のまま食べましょう。
火を加えると、野菜の酵素は少なくなるので、酵素を目的とするならば加熱はしない、生野菜のサラダなどのままで、食事のはじめに食べるのが大事です。

最初には生野菜サラダを食べて、そのあとには加熱した野菜や、肉や魚など、ほかの食材もしっかりと食べましょう。

温野菜にしてたっぷり食べよう

生野菜をサラダなどでメニューに入れるのは良いことですし、かさを食べられる温野菜にしてもいいでしょう。

食事の前や最初に、温野菜を食べるようにしてもいいですし、寒い時期には温かい野菜が食べやすいです。
野菜を温めて食べることで、たっぷりの野菜が食べられて、その分お腹も満たされることになります。
野菜についた菌なども、加熱で殺菌することになります。
腹持ちも良いですし、そのあとで食べるメニューのたべすぎを防ぐこともできます。

野菜を酢漬けにしたメニューもいいでしょう。
お酢自体には代謝を良くする作用がありますし、脂肪の燃焼も効率化してくれる酢酸を含んでいるのも特徴です。
脂肪を燃焼する酵素を含む野菜と酢酸のダブルのパワーで、ダイエットにも良い相乗効果が生まれやすくなります。
酢漬けには、大根やカブなども使いやすい野菜です。

関連記事