ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ダイエット中のお菓子!サツマイモのおすすめお菓子をご紹介します!

ダイエットしたいと思っていても、仕事や家事の合間にコーヒーとお菓子が欲しくなる時はよくあります。でもこれ以上太りたくないと思うあまり、お菓子を食べてしまうと罪悪感でかえって落ちこんでしまったり。

そこで、ダイエット中の甘いもの好きさんの強い味方、さつまいもの登場です。

ダイエットの味方!さつまいも

さつまいもは100gが約130キロカロリー。長さ17cm位のおいもなら大体200gくらいなので、さつまいも半分なら100キロカロリーです。
これはケーキの三分の一、ドーナツの四分の一にあたります。

また、お腹を健康にする食物繊維が多いのはもちろんですが、コーヒー等に含まれるクロロゲン酸というダイエット成分が、実はさつまいもにも含まれています。
落ち込んだ時やイライラした時には気分転換を兼ねて簡単なお菓子をパパッと作っておやつにすれば、達成感も相まって幸せ感が倍増しそうです。

さつまいもを使ったダイエットレシピ

14
さつまいものダイエットレシピというとなにやら難しそうですが、シンプルイズベスト。さつまいもと、少しの粉、少しの蜂蜜、ヨーグルト、おからパウダーやココアパウダー、きなこ等を使うと、あっという間におやつが出来上がります。

まずはおいもを1.5㎝厚さに切って火が通りやすくしてから、ラップをかけて電子レンジでチンします。
フォークがすっと通ればOKです。皮にはポリフェノールなどの栄養が多いので、むかずに洗うだけにします。

レンジいもができたら、まずは、もちのレシピ。これには片栗粉が活躍します。
片栗粉は熱を加えてよく混ぜることでもちもち感を出すのが得意。レンジいもと片栗粉、蜂蜜と水を少しずついれて、よく混ぜます。ビニール袋に入れてよくもんでもいいです。
お好きな大きさに丸めて平らにし、お皿に並べてラップをしてまたレンジに入れます。火が通ったらできあがり。お醤油をからめても美味しいです。

次に、おいもボールのレシピ。レンジいもと小麦粉少しとおからパウダーを適量、それに蜂蜜を少しいれて混ぜ、直径2cm位の団子にしてまたお皿に並べてレンジに入れます。
このときココアパウダーも一緒に混ぜて出来上がりにまたココアパウダーをかけるとチョコレート味、きなこを混ぜ込んで仕上がりにきなこをかけるときなこボールになります。

さつまいもを使ったお菓子レシピ

そしてクッキーレンジいもに小麦粉、蜂蜜、ヨーグルト、ココナツオイルを混ぜます。
ココナツオイルは中鎖脂肪酸なので、体に蓄積される前に燃焼してくれる、ダイエットにはうれしい油。バターの代わりに使えます。

好みに応じてヨーグルトを減らしてブルーベリージャムに置き換えたり、きなこを入れたり、ピーナツをくだいて入れたり、色々楽しめます。型抜きが面倒なら小さく丸めて指で平たくつぶしても素朴で素敵です。
今度はオイルをうすくひいたアルミホイルに並べてオーブントースターで表3分裏2分くらい焼きます。クッキーの厚さやトースターの火力等によって時間は調整しましょう。

関連記事