ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

一週間ダイエットのプチ断食、正しいやり方を守ろう

どんなダイエットも続かないしすぐにリバウンドしてしまう、とダイエットにチャレンジしたことのある方なら必ず感じる悩みですよね。
高価なダイエットフードやトレーニング機器を買っても続かなかったりすると、もったいなあと自己嫌悪になったりして、ますますダイエットが投げやりに。

そこで簡単にでき、しかもお金のかからないダイエットとしてプチ断食の一週間ダイエットが今話題になっています。

プチ断食の一週間ダイエット

断食というと、お寺にこもって座禅を組んで飲まず食わず、みたいなイメージがどうしても先行してしまいますが、プチ断食は自宅で週末に気軽にできるので、忙しい働く女性たちにも人気があるのです。

一週間ダイエットと聞いて、ただ、一週間食べなければいいのね!簡単!と言ってむやみやたらに飲まず食わずで無理やり過ごせばいいわけではありません。
それでは体に負担がかかってとっても危険です。

なので、正しい知識を持って一週間ダイエットは始めなくてはいけません。

プチ断食の方法

42b3ffd43f1fc60cbb7f3bac1ab93fa7_s

まず、一週間ダイエットのプチ断食というものは「一日間だけ、固形物はとらず、水分のみを摂取する」ダイエット方法です。
そして、プチ断食の準備日、プチ断食日、回復日と3日はきちんと自己管理していきたいので、金曜から日曜にかけて挑戦することがおすすめです。

まず、準備日の金曜日は、夕方からの食事の量を少なめにします。
翌日の検診のために前日の夕食の量を気をつける、というのに似ていますね。
そしてプチ断食当日の土曜日は、まずあまり肩の力をいれずにリラックスして。
固形物は駄目ですが、水分はとってもOKなので、お好きなスムージーやハーブティー、ヨーグルトなども口にすることができます。

水分を我慢するとせっかくプチ断食によって老廃物が流れやすくなっているのに排出されにくくなってしまうので、どんどんとって構いません。

このプチ断食により内臓を休ませたり、老廃物が流れて新陳代謝が活発になったり、便秘が解消されたりするので体が軽くなり、肌の調子なども良くなることが期待できるのです。

回復日である日曜日も気をつけて!

そして日曜日は、回復日になります。
プチ断食終わった!という開放感でいっぱいになりますが、ちょっと待ってください。
この回復日は今後の状態を左右するとっても大事な日なのです。

プチ断食終了とともにすぐに脂っこいものなどを食べるとせっかく休ませた胃腸に負担がかかってしまいますし、大量に食べると小さくなっていた胃の大きさが逆戻りしてしまいます。
そのために消化の良いもの、温かいものを少量ずつ食べることがとても重要になってきます。

以上が一週間ダイエットのプチ断食の一般的なやり方になります。
正しいやり方を守って、ダイエットと一緒に健康も手に入れてしまいましょう。

関連記事