ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

おかゆダイエットでカロリーから減量!おすすめの食べ合わせ

おかゆダイエットによって、カロリーから減量をすることができます。
そこには、おすすめの食べ合わせもプラスして、満足感を出しながらダイエットを楽しみましょう。

日本人ですからダイエットでも、お米は食べたい食材です。
おかゆダイエットならお米が食べられますし、水分を多く含むので、お腹への満腹感も抜群です。

おかゆダイエットで満腹感もアップ

白米の普通のご飯をそのまま食べるよりも、お粥にすれば水分を多く含むために低カロリーな食事ができます。
太り過ぎの解消にも役立ちますし、お腹も満たされることになります。
水分によってかさが増えますし、量が同じであっても水分によってカロリーは低くなります。

全粥を1杯食べるカロリーは、普通の白いご飯を茶碗に1/2ほど食べるのと同じカロリーで済みます。
五分粥にすると、1/5のカロリーとなるので、大幅にカロリーはダウンします。

いつ食べてもいいですが、ダイエットを目標とするならば 夕食におかゆを取り入れれば、カロリーダウンで効率的なダイエットになります。

おかゆダイエットのおすすめの食べ合わせ

b707eafabf485c7290d36f693a69f6a9_s
お粥は糖質がメインになりますから、ビタミンやミネラル成分は不足します。
そこで栄養を補えるような、ほかの食材をプラスしてみましょう。

おかゆには 白い大根おろしを、一緒に加えてみるのもいいです。
大根おろしをかき混ぜたら、その上には香味野菜もトッピングです。

大根は白い部分を食べるのがスタンダードですが、大根葉の部分にはビタミンなどの栄養が豊富ですから、ダイエット中にも食べるといいでしょう。
大根葉に含まれるカルシウムは骨を丈夫にしますし、豊富に含有するビタミンは肌状態を上部にします。
ジアスターゼなどの酵素も大根には含まれるので、消化促進にもなります。

大根おろしや野菜のトッピングで、いつものおかゆとは違った味わいも楽しめます。

おかゆダイエットには様々な食材をプラス

おかゆには、 じゃことわかめをプラスすると、栄養価もアップします。

水溶性の食物繊維のアルギン酸が、わかめにはたっぷりと含まれています。
血糖や血圧上昇を抑えますから太りにくくしてくれますし、腸内の有害物質排泄にも貢献します。
ミネラルのヨウ素を含むので、甲状腺ホルモンは正常化します。
こうして脂質や糖質の代謝が高くなり、肌や毛髪などの健やかさにもつながります。

おかゆダイエットのおかゆには小魚のじゃこが入れば、カルシウムもチャージできますし、旨みもさらにパワーアップします。

関連記事