ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

下半身痩せに効果がある運動の仕方

ウォーキング

ダイエットを考えるときはどんなタイミングでしょう。
前よりも体重が増えた時、去年来ていた服が入らなくなった時、結婚式、披露宴が決まった時など様々です。

しかしいずれの場合も、今よりも美しくなりたい、綺麗な自分でありたいと願う時です。女性の場合はスリムで若々しく、健康的でありたいと思う方が大半です。

特に多いのが、下半身をスリムにしたいという思いです。
お尻、ふともも、そして膝下がすっきりとしたシルエットに憧れを持つのは世代を問いません。では、どんな運動をすれば下半身が痩せて綺麗になるでしょう。
幾つか挙げてみます。

無理のないウォーキング

歩くという行為はとても自然で無理のない運動です。
ダイエットと聞いて真っ先に思い描く運動かもしれません。

有酸素運動の代表格とも言えるウォーキングは、脂肪を落とすのに最適です。
お尻からふともも、膝、ふくらはぎと連動させる運動を繰り返しすることになるので、下半身痩せの効果は絶大です。

スイミング

スイミング

スイミングも全身を使った有酸素運動です。
慣れない人にとってはハードルが高いのが難点ですが、きちんと正しい泳ぎ方を覚えればすぐに長い距離を泳げるようになります。

バシャバシャと力強く泳ぐイメージではなく、リラックスしてすいすいと泳ぐことを意識してください。全身をすべて使うのでゆっくり泳いでも十分な運動になります。できるだけ長い距離を泳ぐようにしてください。

スイミングのキックはとても重要です。
足首だけをバタつかせるのではなく、足の付け根から足全体をしなやかに動かすようにすれば下半身の筋肉をすべて使えます。
浮力のある水中での運動は、怪我をしにくいというメリットもあります。

筋力アップのためのスクワット

スクワットで下半身痩せと聞いて違和感を覚える人も多いかと思います。
筋肉がついて太くなるのではと心配する気持ちもわかりますが、大丈夫です。負荷の重い筋トレを繰り返せばその可能性もありますが、特に女性の場合はいきなりそんなムキムキにはなりません。

女性の足でも、適度に筋肉がついている方が健康的で綺麗な足に見えます。
モデルでも筋力トレーニングをしている人は多いです。

下半身痩せのためのスクワットのコツは、膝の曲げ伸ばしを時間をかけ過ぎずやることです。すっと曲げてすっと立つイメージです。
そして限界まで追い込むというよりも、少し張りが出たくらいで止めておきましょう。

この程度でも筋力はアップして、基礎代謝の向上にも一役買ってくれます。
筋力を上げながら有酸素運動を心がけることで、目標の下半身痩せに近づきます。

関連記事