コーヒーによるダイエットには本当に効果がある?|ダイエット成功方法【2019年最新版】

ダイエットトーク

HOME飲んで痩せる!ダイエットドリンクコーヒーによるダイエットには本当に効果がある?

コーヒーによるダイエットには本当に効果がある?

コーヒーによるダイエットには本当に効果がある?

一日数杯のコーヒーを飲むことで痩せられると噂のダイエット法が最近話題になっていて、簡単にできるので実践している人もたくさんいます。

しかし、ただ飲めばいいわけではなく時間や量などを考えて行わなければいけないので、誰でも痩せられるとは限りません。
具体的にどうやれば効率よく体重を減らせるか検証してみましょう。

カフェインが脂肪燃焼を促進

コーヒーに含まれているカフェインは眠気を覚ましたり脳の働きを活発にする以外にも脂肪燃焼に効果があると言われています。

飲んでしばらく経ってから運動をすると効率よく体脂肪が燃やされるのでウォーキングやストレッチ、縄跳びなどの有酸素運動を行うと上手にダイエットができて、何も飲まずに行ったときよりも脂肪が燃えやすくなるメリットがあります。

飲み過ぎるのはよくないので運動前にマグカップ1杯程度を飲むのがよいと言われています。

無糖やブラックのほうが効果が高い


せっかく脂肪燃焼効果があっても砂糖がたっぷり入っていたり生クリームなどカロリーや脂肪分の高いコーヒーだとあまり意味がありません。
カフェラッテやカプチーノなどはダイエットには不向きなので、なるべく無糖や微糖でミルクの入っていないものを選ぶのがおすすめです。

甘みがないと飲めなかったりブラックが苦手なら、ダイエット甘味料低脂肪・無脂肪牛乳などを活用すれば好みの味に調節することができます。

飲むタイミングも重要

カフェインは目覚まし効果があるので夜寝る前に飲んでしまうと良質な睡眠を妨げることになってよくありません。飲むなら朝起きたときや午前中に仕事や勉強をしているとき、家事の合間などが効果的です。

コーヒーには食欲を減退させる効果もあるので、食事の前に飲んでおくと満腹感が得られて食べ過ぎを防止することにもつながるので自然に食べる量が減って一日の摂取カロリーを減らすことができます。

ただし空腹時に飲むと胃が荒れてしまう危険もあるので飲み過ぎには注意して、体質に合っていないと思ったら量を減らすなど工夫が必要です。

アイスよりもホットのほうが体を温めて脂肪燃焼を促進してくれるので、夏場でもなるべくホットを選んだほうがダイエット目的には有効です。
80度前後の温度が最も効果が高いと言われているので脂肪燃焼成分が一番作用しやすくなります。コーヒーだけでは激やせなど劇的な効果は期待できませんが、少しずつ体質改善をしてダイエットをしたい人には有効です。

みんなのオススメダイエットBEST3

関連記事はこちら