ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

眠って痩せる!睡眠の質を高めるおすすめ快眠方法

ダイエットといえば食事や運動が重要ですよね。しかし、実は「睡眠」も大きな役割を担っているんです。
疲労を回復してストレスを溜め込まないようにすることも、ダイエット効果につながります。

睡眠の質を高めて、自然に、かつ気持ちよく痩せていきましょう。

睡眠で痩せるワケ&太るワケ

睡眠とダイエットの意外なつながりをご存知ですか?
睡眠時間と肥満の関係はアメリカの大学の調査でも立証されていて、7時間眠った人を基準にした場合、6時間だと23%、5時間だと50%、4時間以下だと73%も肥満になる確率が高まるという、驚きの数字が出ています。

数値では分かりづらい!という方のために、睡眠がダイエットに深く関わる具体的な理由を書き出してみると・・・

快眠で痩せるワケ

  • 自律神経が整い、ストレスによるムダ食いやドカ食いが減る
  • 質の良い眠りで、「痩せるホルモン」が活発に分泌
  • 夜の熟睡で日中はスッキリとした気分。1日が充実して運動量が増える

不眠で太るワケ

  • 成長ホルモン不足で基礎代謝が低下してしまう
  • 寝不足により、食欲を増進させるホルモンが上昇
  • 眠気のせいで朝食を抜き、昼や夜にムダ食いやドカ食いをしてしまう

快眠をすると、充実した1日を送ることにより心地良い疲労感を覚え、また夜にぐっすりと眠れる…。という好循環のサイクルができあがります。

しかし、単純にたっぷり寝れば良いということではないんです。いくら睡眠時間が長くても、質が悪くては効果はイマイチ!
快眠のためには眠りの質と睡眠時間をバランスよく整えることが大切です。

眠りの質を整える生活習慣のポイント

光を取り込む
質と時間を整えるなんて、難しそう・・・と思う方も多いでしょう。しかし、実はひとつひとつのポイントはちょっとした工夫で手軽にできることです。

習慣にしてしまえば楽しく気持ちの良いことばかりですから、まずはできることから始めるといいですね。

:カーテンを開け、太陽の光を体に与える
コップ1杯分の水を飲み、代謝を上げる

:和食中心のランチ。脂っこいものはNG
おやつにはナッツ類やチーズ、ホットミルクなどを!

:靴や服を脱いだり、楽な格好になってリラックス
内臓を活性化させないために、寝る4時間前までに夕食をすませる
お風呂は寝る前に!就寝1時間半前が理想的♪

就寝:スマホやパソコンのブルーライトで脳を興奮させない
理想の睡眠時間は7時間。寝不足や寝すぎに注意

ご紹介したことは沢山あるポイントのうちの一部ですが、これらだけでも実行するのとしないのとでは、大きな差を感じるはずです。

睡眠を整えるためには、起きている間の動きがとても重要!少しづつ着実に、良質な睡眠をとれる生活習慣をマスターしましょう。

就寝前のビタミンCが効く

更に良い快眠のためにも「寝る前ビタミンC」をプラスアルファしてみましょう。
ビタミンCといえばお肌に良いというイメージ・・・実は睡眠にも効くんです。

寝る前にビタミンCを摂ることによりストレスホルモン「コンチゾール」が減り、不眠が解消され安眠ができるようになります。しかもホルモンへの効果はそれだけではありません。若返りホルモン「DHEA」が増加し、成長ホルモンの分泌が促され、痩せやすい体になることができるのです。

まさに1つで2度おいしいビタミンC!寝る前の1000mgを目安にして毎日摂取してみませんか?寝ている間にホルモンの調整をしてくれるので、短時間睡眠でも朝の体が変わりますよ。


睡眠は健康や美容のために大切ということは誰でも知っていますが、ダイエットとなると意識していない方が多いです。

良質な睡眠をとることは、生きている上で重要な要素!だからこそ、大切にしていきたいですね。

関連記事