ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ダイエットでの筋トレ!やっても体重が減らない!?理由と解決策とは?

夏の暑い季節、薄着になるためどうしても肌の露出が多くなり体型を気にしてしまう人は少なくありません。

海やプールの季節に向けて、食事を工夫や運動、筋トレを行ってダイエットを試みるでしょう。

筋トレをしても痩せられない場合の理由

お腹や二の腕に溜まった余分な脂肪を簡単に早く落とすため、雑誌やネットなどで情報を収集します。

黒酢や酵素ドリンク、サプリメントを利用したダイエット方法は、基本的に体内の代謝を上げる効果を持ちます。その為、摂取するだけでは余分な脂肪や体重は減らないので、適度な運動や筋トレで脂肪を燃焼させることが大切です。

しかし、人によって筋トレを行っているのに体重が減らない、ダイエット効果を実感できない人が存在します。これらの理由は様々で人それぞれ異なる場合があります。

まず、腹筋やスクワットなどのトレーニング効果が得られるのは最低でも3から6ヶ月の期間を必要とします。なので、始めてから数週間や1ヶ月で体重の増減は変化することは少ないです。

次に体の基礎代謝が低いことが原因で上手くいかないことがあります。

肉類、炭水化物を控えた食事制限を併用しながらダイエットを行う人は、代謝を高めるための必要な栄養素が取れないので体の機能が低下しがちになります。これにより代謝が上がらず減量できない原因となります。

効果が出るまでの期間を考えてダイエット

どれだけ運動やトレーニングをしても自分の理想体型に近づけずストレスが溜まるケースがあります。

このような場合つい焦ってしまい、運動量を増やしたり過度の食事制限は体を壊す恐れがあるので注意が必要です。

新しいことに体が順応するためには多くの時間がかかることを考えて行動することが大切です。

最低3ヶ月の辛抱がいるので、目標体型までの期間や日時を逆算して計画的な減量を心がけましょう。

筋トレに有効な時間帯と注意ポイント

筋トレを行う際は空腹時や食後、就寝前は体に負担をかけてしまいダイエット自体失敗してしまうので控えましょう。効果的な時間帯として、食後から時間が十分にたちほどよく筋肉が動ける夕方16時から18時頃がおすすめです。

しかし、家事や仕事で忙しくほかの時間帯を希望する人も少なくありません。

早朝に行う場合、寝起きで筋肉があまり動いていない状態であり尚且つ空腹の場合があるためいくつか注意が必要です。

行動前はストレッチや準備運動を行い筋肉をほぐしましょう。

そして、バナナや小さめのオニギリといった軽食をとりあるお腹が満たした状態を作ることが大切です。この際、食べ過ぎは禁物ですが以上を守って行動すれば理想体型に近づけるでしょう。

関連記事