ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ぽっこりお腹を短期間で解決するダイエット

背筋

お腹が前方にぽよんと出てしまった状態が、ぽっこりお腹です。
基礎代謝が落ちてきて飲酒習慣がある中年男性に特に多く、別名ビール腹とも呼ばれています。最近では女性でもぽっこりお腹になってしまう人が増えています。

原因は内臓脂肪の蓄積です。
ここではポイントと解決方法について見ていきたいと思います。

背筋を鍛えるのがダイエットのポイント

猫背の人は、ぽっこりお腹になりやすいです。猫背の原因はいろいろありますが、一つに背筋の衰えが挙げられます。背筋は姿勢を維持する体幹筋がある部位で、この部分の筋肉が衰えてしまうと姿勢が悪くなります

姿勢が悪くなると、背中が丸まりお腹の筋肉がたるんでしまいます。
すると腹筋が使われなくなって、脂肪がつきやすくなります。

猫背は内臓の働きを悪くして、消化機能を低下させてしまう原因にもなります。
なので、を鍛えることが問題解決の近道ということになります

背筋を鍛えるトレーニング

フィットネス

一人でもできる背筋を鍛えるダイエット方法は、次の通りです。

まずうつ伏せになり、両手と両足を伸ばします。上から見てX字型の体勢になるように手と足の幅は広めに開きます。目安は肩幅よりも広めにです。

次に、息を吐きながら対角線上の手足を同時に持ち上げて、そのポーズを3秒間維持します。右手をあげたら左足、左手をあげたら右足をあげます。
ポイントは、ゆっくり行うことです。こうすることで背筋に負荷がかかります。
これはスロートレーニングというトレーニングのコツで取り入れられている理論です。

そして、息を吸いながら持ち上げた手足をゆっくり下ろします。
これを限界と感じる回数ゆっくり右手・左足、左手・右足、と繰り返していけばOKです。

他にもあるダイエット方法

他にも、ドローインという腹筋を鍛えるエクササイズダイエットがあります。
ドローインは英語でdraw(息を吸う)、in(引っ込める)という意味です。
常にお腹を凹ました状態で行う胸式呼吸に近い呼吸法を用います

立った状態か、仰向けに寝た状態の2種類のやり方があります。
仰向けの場合には足を骨盤の幅程度に開いて、膝を直角に近い状態まで曲げて行います。

背筋を伸ばして胸を突き出し、息をゆっくり大きく吸い込みます。
腹部は凹ましたままで胸だけを膨らませるイメージです。
息をゆっくり吐きながら腹部を引っ込め、お尻に力を入れます。

腹部を凹ます時間は最初は15秒を目標にして、慣れてきたら時間を延ばしていくと良いです

関連記事