ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

粉物好きさん必見!ダイエット中でもOKな豆腐のお好み焼きレシピ教えます!

粉もので言えばお好み焼きは大人気ですが、ダイエット向けではありません。

しかし素材を変えればダイエットにもピッタリのレシピとなり、お腹にも心にも満足な仕上りにすることができます。

豆腐を使ったお好み焼きの材料

材料は木綿豆腐を1丁に、桜えびを適量、青ネギは生地に入れる分と、あとは飾り用にも使いますのでそれを適量用意します。はMサイズを3個ですが、使用するのは卵白の部分のみです。
野菜のキャベツは、両手に山盛りいっぱいの千切りを用意してたくさん入れましょう。
キャベツは食物繊維も豊富ですし、ビタミンもたくさん含んでいます。粉ものでありながら、野菜もたくさん食べられます。
だいたい120gですが、食感も出ますしカロリーダウンにもなってダイエットにはピッタリです。

鰹節に青のり、片栗粉にソース、オリーブオイルを用意します。ソースはたくさんかけすぎないよう、気をつけながら使います。ブラックペッパーや塩も、適量を使います。

ふわふわのお好み焼きのダイエットレシピ

34
キッチンペーパーに豆腐を包み、軽く押すことで水切りができます。水分をキッチンペーパーで吸収させたらボールへと移し、そこでペースト状にします。潰すのは泡立て器でできますので、滑らかになるまで潰しましょう。
よく洗ったキャベツは千切りにカットして、洗った青ネギは小口切りカットします。

ふわふわの仕上がりにするためのポイントとなるのが、卵を卵白と卵黄に分けて、それを卵白だけ使うという方法です。
豆腐をペースト状にした中に、ネギやキャベツ、卵白や桜えび、鰹節半量に、片栗粉と塩コショウを加えましょう。ゴムベラを使用して混ぜます。

熱したフライパンにオリーブオイルをひいて、生地をお玉で流し入れて焼きます。火力は中火にして、生地を裏返して蓋をしたら3分間焼きます。

レシピのポイントについて

生地をフライパンで焼くときには、必ず蓋をするのがポイントの一つです。内側では蒸し焼きの状態となりますので、そのぶん中まで火が通りやすくなります。
生地の中まで火が通ったら、今度は蓋を取りましょう。表面をカリカリにするために、強火にして焼き上げます。

焼きたてをお皿へのせて、ソースをかけて青のりを散らします。残りの鰹節をふんわりとのせて、青ネギをパラパラとかけたら出来上がりです。
生地を焼いているときは、生地を上から押さないようにすると、ふわふわに仕上げることができます。

関連記事