ダイエット中のおやつの食べ方|ダイエット成功方法【2019年最新版】

ダイエットトーク

ダイエット中のおやつの食べ方

ダイエット中のおやつの食べ方

ダイエット中でも、おやつを食べたいという人もいますよね。
特に女性は食事を我慢しても、スイーツは我慢できないという人も多いです。
我慢しすぎずに食べたい時は食べればいいのですが、ダイエット効果を下げないようにしつつ食べたいという場合もあるでしょう。

ここでは、ダイエット中のおやつの考え方、おすすめの食べ物、食べ方についてみていきます。

ダイエット中でもおやつは食べていい?

結論から言うと、食べていいです
ただし、無制限に食べているとダイエットにならないので、たまにご褒美として食べるようにしましょう。

自分用のルールを作っておくという方法もあります。
例えば、どんなものでもいいけれども必ず1つまでにするというルールです。
板チョコ1枚なら板チョコ1枚、プリン1個ならプリン1個、といった感じです。

1日1個ルールを決めておけば、次に食べる時の楽しみも広がります。無制限に何個も食べるよりもありがたみを感じることができますし、カロリー摂取量もセーブできます。

太りにくいおやつを食べる


1日1個ルール以外には、太りにくい食べ物をおやつにするという方法もあります。
もっともおすすめなのはアーモンドです。アーモンドは糖質が少なく、ビタミンやミネラルが豊富です。肌をきれいにしたり、抗酸化作用も期待できる万能食品なので、これを常備しておくといいでしょう。

アーモンドは硬いのでよく噛んで食べる必要があります。
これも満足感を感じさせるにはいい歯ごたえです。乾燥しているので持ち運びしやすいですし、小粒なのでポケットに入れて持ち運べるという携帯性にも優れています。

他には、寒天0キロカロリーの甘味料を使うのも手です。寒天はほとんどカロリーがなく、固めればゼリーのような感じで食べることができます。これに0キロカロリーの甘味料をかければ、ほぼノンカロリーで甘いものを摂取することができます。

ただし、人工甘味料を摂取するとさらに甘いものが欲しくなってしまうこともあるので、使いすぎには注意が必要です。

太りにくい食べ方

おやつを食べるならば、どか食いを防止するためにお腹が減っている時に食べるといいでしょう。次の食事が待ち遠しすぎて、食事の時間になったら大量に食べてしまうというよりも、その前に軽く食べておいてお腹と心を満足させておけば、過食を防げる可能性があります。

基本的には好きな時に食べていいですが、せっかくなら太りにくいように工夫して食べると良さそうですね

みんなのオススメダイエットBEST3

関連記事はこちら