どうやるの?1食置き換えダイエット|ダイエット成功方法【2019年最新版】

ダイエットトーク

HOME食事ダイエット(レシピやおすすめの食べ物)どうやるの?1食置き換えダイエット

どうやるの?1食置き換えダイエット

どうやるの?1食置き換えダイエット

基本的に1日は3食あります。
置き換えダイエットは、3食のうち1食をダイエット効果が期待できる食品に置き換えるダイエット方法です。

ほかの2食はある程度自由に食べて良いなどのメリットがあります。
ここでは、1食置き換えダイエットの方法とその効果について検証していきます。

主流なのは夕食置き換え方法

1日のうち、朝と昼のご飯は活動前と活動中に食べます。
しかし、夕食は家に帰ってから食べて、後は寝るだけというケースが大半です。

また、BMAL1(ビーマルワン)というタンパク質には、一定の時間になると脂肪を蓄積させやすくなる働きがあります。午後10時ごろに盛んに増え始め、午前2~4時にピークを迎えます。これが夜に食べると太りやすい理由です。

BMAL1の考えを応用すると、夕食はだいた午後6時ごろまでに摂取すれば脂肪がつきにくいと言われています。また、夕食は食べて寝るだけなので、カロリー摂取量も少ない方が良いです。

なので、1食置き換えダイエットを行うベストタイミングは夕食時になります。

何を置き換える方法が良いのか?

スプーンとフォーク
1食置き換えダイエットでは、ダイエット効果が期待できるものに置き換えます。

色々ありますが、ヨーグルト、おかゆ、りんご、バナナ、卵、スムージー、酵素ドリンク、青汁、プロテインドリンク、などがあります。
昔は単品ダイエットが流行っていましたが、今では栄養バランスを考えた食品があるので、それを使う人も多いです。

何に置き換えるかは自由ですが、できるだけ続けやすい食材にしましょう。
効果が高いと言っても、自分が好きではないものや、味が良くないもの、用意に時間のかかるもの、などを選んでしまうと失敗の原因になります。

取り組むときのポイント

置き換えダイエットは、無理をしないことが大切です。
3食置き換えに比べると1食置き換えるだけなのでハードルが低いですが、急に外食の予定が入ってしまうなどということもあり得ます。

そういうときに、「今日は夕食を置き換えられなかったから失敗だ」と思わないことが大切です。効果が出るまでには時間がかかるように、たとえその日1回置き換えなかったからといって、太るわけではありません。

急に予定がくるってしまったときには、次の日に調節するようにすれば良いだけです。

また、どうしても気分が乗らないときもあります。そういうときには無理に置き換え食品を食べない方が良いです。
とにかく置き換え食品を嫌いにならないことが続ける秘訣です。

みんなのオススメダイエットBEST3

関連記事はこちら