ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

牡蠣は栄養も豊富!ヘルシーにダイエット

牡蠣(これ以降はカキと記述します)は2枚貝の総称です。日本でも古くから愛されている食物です。味は格別です。養殖も盛んです。

今回はカキダイエットの効果や、どのようにしたら効果的に摂取できるのかについて、ご紹介致します。
 

カキダイエットとは

カキは海の浅い所に生えています。
色は暗い色をしています。
見た目は実は根と茎と葉に分かれています。

カキは日本の食卓ではお馴染みの食物です。
別名で海のミルクと呼ばれている程に栄養価が高い食物です。
生食でも加熱してもおいしく食べる事ができます。

この栄養価の高いカキをダイエットに生かそうと言うのがカキダイエットです。

カキダイエットの効果について

牡蠣は、非常に低カロリーである食べ物です。
1個あたり、10から20キロカロリーしかありません。
これなら、いくら食べてもカロリーオーバーにならず平気ですね。

一方でカキにはビタミンB類が豊富に含まれています。
このビタミンB類には脂質を燃焼させやすくする効果がありますので、ダイエットによる効果があるのです。

また、カキにはタウリンが含まれています。
これは血液の流れを良くする効果があります。
血液の流れが良くなれば新陳代謝が高くなりますのでダイエット効果が高まります。

だからカキはダイエットに効果があるのです。

カキダイエットの他の効果について

貧血解消
カキには、鉄分が多く含まれています。
鉄分の不足は貧血を招きますので、カキは貧血の予防に効果があります。

また、カキにはタンパク質が豊富に含まれています。
タンパク質は体の源になりますので、筋肉が生成され、筋肉が減る事を抑制してくれるのです。

効果的なカキの摂取方法について

他の食物の代替えとしてカキを考えてみると良いでしょう。
例えばお肉です。お肉の代わりにカキを取り入れて食事をとるのです。
その結果、消費するカロリーが抑制されますので、効果的に摂取する事ができるのです。

カキダイエットの注意点について

カキは生でも食べる事ができます。
これは、生食用のカキを買えば安心です。

しかし、生食用ではないカキを生食として利用すると食中毒の危険性が出て来ますので、注意して下さい。

まとめ

カキは日本近海に存在する、おなじみの海藻物です。
別名で海のミルクと呼ばれている程に栄養価が高い食物です。
生食でも加熱してもおいしく食べる事ができます。

カキを生で食べる時は、生食用のカキを購入して下さい。
温める場合は、十分に加熱しましょう。

関連記事