ダイエット中の外食の選び方と注意ポイント|ダイエット成功方法【2019年最新版】

ダイエットトーク

HOME食事ダイエット(レシピやおすすめの食べ物)ダイエット中の外食の選び方と注意ポイント

ダイエット中の外食の選び方と注意ポイント

ダイエット中の外食の選び方と注意ポイント

健康にも悪いし、自信を持ってスカートや水着を着こなしたいと思ったときに行なうのがダイエットです。
しかし、ダイエットをしている時でも職場での飲み会や友人とのランチなど外食する機会もあると思います。

そんなときには、選び方と注意するポイントを守ることでダイエットしながらも食事を楽しむことができます。

ダイエットをする時のポイント

ダイエットをする時のポイントとしては、やはり食事によるカロリーコントロール運動によるカロリー消費になります。
リバウンドなどを気にすることなくダイエットを成功させるためには、大幅な減量を望まないということが大切です。

いきなり体重を落としてしまうと、身体が飢餓状態と勘違いをしてしまい、カロリーコントロールをしていた食事を通常食に戻してしまうとすぐに脂肪となってしまう体質になってしまいます。

元の体重にもよりますが1ヶ月1〜2kg程度のペースで徐々に痩せていくことが、リバウンドなく身体にも負担のかからない痩せ方です。

外食する時のメニューの選び方


ダイエットを行なっていても外食することもありますが、基本的に高カロリーで高脂肪、高塩分なものが一般的で、メニューも野菜や海藻類、豆類などが少なくビタミンやミネラル、良質なタンパク質も不足がちになります

そんなときのメニューの選び方としては、カロリー表示を参考にしてなるべく低カロリーなメニューを選ぶことがダイエットを成功させるためのひとつの方法です

メニューを選ぶ時に注意する点について

低カロリーなメニューを選んだとしても注意する点はさまざまあるため、それらを意識することも大切です。

野菜不足だからとサラダを選ぶ人も多いと思いますが、ドレッシングやベーコンやチーズなどのトッピングがされているものもあります。
食べると100kcal以上になってしまうこともあるため、サラダを選ぶ場合には具材や高カロリーなドレッシングがかかっているものを選ばないようにすることも重要です。

メインはなるべく脂質の多い肉類ではなく魚料理を選ぶことをおすすめします。
また、焼いたものではなく蒸し物や茹でたものを選べば余分な脂質を落とすこともできます。

ご飯ものや一品ものを食べる場合には、ご飯は終盤に食べることで炭水化物を抑制することができ、白米などよりも玄米や雑穀などの低GI値の食品を選ぶことも良いとされています。
麺類は脂肪になりにくい蕎麦などがおすすめですが、ラーメンなどが食べたい場合には汁は極力残すことなどでも対策することできます。

みんなのオススメダイエットBEST3

関連記事はこちら