ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

バナナで手軽にダイエット

バナナは皮を簡単にむいて食べる事の可能な果物です。その中でもバナナは、これだけ簡単に皮がむけるのですから食べる事に関しては非常にハードルが低いです。バナナダイエットとは、このバナナを食べるだけでダイエットができてしまう事を言います。
 

バナナダイエットとは

バナナは皮を簡単にむいて食べる事の可能な亜果物です。
果物は大抵、包丁で切る事や皮をむくのに手間がかかる物が多いです。
その中でもバナナは、これだけ簡単に皮がむけるのですから食べる事に関しては非常にハードルが低いです。

そして、バナナは安くて美味しい果物です。

バナナダイエットとは、このバナナを食べるだけでダイエットができてしまう事を言います。
早速、今日から始めてみましょう。

バナナダイエットの効果について

バナナは、とても栄養価の高い果物です。

また、バナナ1本あたりのカロリーは低く約100キロカロリーと低カロリーですのでダイエットに効果があります。
そしてバナナは脂肪を燃焼する効果があります。これもダイエットに効果があります。

なお、ご飯は茶碗一杯で200から300キロカロリーあると言われています。
朝食にごはんだけと言うわけはないでしょう。おかずを付けますと、もう少しカロリーが増加します。
よって、例えばごはんを比較しますと朝食時のカロリーの接種を低くおさえる事ができるのです。
よって、ダイエットに効果があります。

バナナには食物繊維も豊富に含まれています。
食物繊維はお通じを良くしてくれますので、新陳代謝に効果があります。
よってこれも、ダイエットに効果があります。

また、副次的な効果としてバナナを摂取すると肌荒れに効果があると言われています。

このように、バナナはダイエットに非常に効果があるのです。

効果的なバナナの摂取方法について

朝食
食事をバナナに置き換えますと、高い効果があります。

例えば朝食です、朝食をバナナに置き換えますと、数本食べれば満腹感を味わう事ができますので、満腹感を味わいながらも低カロリーで済みますのでダイエットの効果があります。

バナナは牛乳やヨーグルト等と相性が良い食べ物ですので、一緒に摂取しても良いでしょう。
これらと組み合わせる事によって、ダイエットだけではなく健康にも効果があります。

また、バナナは水と一緒に摂取しますと、より効果があると言われています。

食物繊維はお通じを良くしてくれると記述しましたが、お通じは朝が適している時間だと言われています。
これも、バナナは朝食に適している理由なのです。

もし、朝にバナナを食した場合には、バナナでは補えなかった栄養素を昼食や夕食から摂取すると良いでしょう。
例えば炭水化物です。具体的には、ご飯、パン、麺類などです。

この事により、1日を通じてまんべんなく栄養素を摂取する事ができます。

バナナダイエットを行う時には、早寝・早起きを心がけ、きちんと睡眠をとる事も重要です。
睡眠をとる事で、体を肥満になりやすい体質から守る効果があり、肥りにくい体質に促す効果があるからです。

ここでは朝食によるバナナダイエットをお勧めしました。
ですが、これは必ずしも朝食である必要はなく、昼食によるバナナダイエットでも夕食によるバナナダイエットでも良いのです。

もし、朝食にバナナを摂取する事ができなかったら、それでも良いのです。

まとめ

バナナは、とても簡単に摂取できる果物です。1本あたりのカロリーが低い食べ物です。
食物繊維が含まれていますので、新陳代謝効果がありダイエットに効果があります。

バナナは栄養価が豊富に含まれていますので、健康にも効果があります。

関連記事