ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

ダイエット時の補助食品の使い方について

カプサイシン

ダイエットの基本はあくまでも、食事制限・有酸素運動・筋力トレーニングからなります。
どれかひとつを欠いても上手くいきません。

ダイエットを正しく行なうのにはどうしたら良いか

食事制限は、身長から割り出した標準体重に適する摂取カロリーを設定します。
現在の体重が80kgで理想体重が65kgだとしたら、ターゲットは65kgになります。
これは自明なことであり、消費できる以上のカロリーをとれば太るし下回れば痩せることができるからです。

有酸素運動は難しく考えることはなく、朝食前に30分散歩すること、と覚えておきましょう。
食事の後だと摂取したカロリーを消費するだけなので、あまり意味はありません。
しかし食事から最も遠い時間帯に行なえば、消費すべきエネルギーは体脂肪になるのです。

身体を動かすと脂肪が溶けやすくなり、徐々に血液に乗って身体を巡り、筋肉に吸収されていきます。
そこで運動によって取り込まれた酸素と出合い、燃焼します。
こうして少しずつで菅確実に体脂肪を減らしていくことができるのです。

そして筋力トレーニングは、日常生活に置ける身体の動きをシャープにこなせるだけの筋肉をつければ、基礎代謝力を向上させるに充分です。

補助食品にどのくらいの効果があるのか

食物繊維

実は客観的に効果ありと考えられるものは存在しません。
そのため最初から補助食品に依存するのは正しい方法ではありません。

しかしダイエットを行なうに際して、有効利用できるアイテム、という見地からはゆうような商品も存在します。
したがってどのような目的でどのような商品を選ぶか、と限定的に考えれば良いものを選ぶことができます。

ダイエットに有効な補助食品

ひとつには唐辛子の成分由来のカプサイシンが配合されているものです。
辛いものを食べると脂肪が燃えるという表現がなされますが、カプサイシンには脂肪を分離・遊離させる働きがあります。
そのため脂肪の燃焼を助けることができるので、食卓に唐辛子・キムチなどを上げると効果があります。
辛いものが苦手な人は補助食品で摂取すれば良いでしょう。

もう一つ有効なアイテムがあります。それは食物繊維です。
食物繊維は身体に入ると、急激に上昇しようとする血糖値を押さえ込み、糖を脂肪に変換する働きを抑制します。
そのうえ胃の内壁にへばりつくようにしてゆっくり進むので、満腹感が長く継続しますから過食の防止になります。

そして腸を掃除して余分な脂肪とともに排泄されていきますので、身体の中に残りません。
季節の野菜・海藻・きのこから摂取できるので普段の食事で足りなくなることはないはずですが、食事が不規則な人は補助食品を利用すると良好です。

関連記事