コーヒーで脂肪燃焼!豊かな香りでストレス解消効果も♪|ダイエット成功方法【2019年最新版】

ダイエットトーク

HOME飲んで痩せる!ダイエットドリンクコーヒーで脂肪燃焼!豊かな香りでストレス解消効果も♪

コーヒーで脂肪燃焼!豊かな香りでストレス解消効果も♪

コーヒーで脂肪燃焼!豊かな香りでストレス解消効果も♪

コーヒーには、活性酸素を減らす効果があるクロロゲン酸とカフェインが入っています。このふたつの成分が相乗効果によってより高い効果を発揮してくれます。

普段からコーヒーが好きな方はもちろん、今からダイエットをしようと思っている方も、コーヒーを意識して飲んでみてはいかがでしょうか。

コーヒーの嬉しい効果とは

コーヒーは、研究の結果様々な病気の予防や美容・ダイエットなどの効果があることがわかってきました。

ダイエット
コーヒーのカフェインとクロロゲン酸が、内臓脂肪や皮下脂肪の燃焼を促進します。

アンチエイジング
クロロゲン酸は活性酸素を減らすので、シミ・シワを予防します。

病気予防
予防できるといわれている病気は、2型糖尿病・肝臓がん・女性の大腸がん・子宮体がん・口腔、咽頭がん・パーキンソン病ですね。

また、予防効果が期待できる病気が、慢性肝炎・アルツハイマー病・高血圧・心不全・動脈硬化・脳卒中です。

リラックス効果
コーヒーの香りが副交感神経を優位にします。それによって、リラックスした状態になりやすくなります。

覚醒作用
コーヒーのカフェインは、頭をスッキリさせる効果があります。そのため、やる気がアップしたり集中力が高まります。

コーヒーの選び方

レギュラーコーヒー
コーヒー豆を選ぶ時の目安は焙煎です。焙煎によって成分が変わってきます。
炒りが深いほど、クロロゲン酸は減っていきます。
そして、ニコチン酸やNMPという成分が増え、血液がサラサラになって動脈硬化を予防したり、がん予防するといわれています。

レギュラーコーヒー(ドリップコーヒー)とインスタントコーヒーのどちらがいいかというと、おすすめなのはレギュラーコーヒーです。どちらもカフェインの量は同じですが、レギュラーコーヒーの方がクロロゲン酸の量が多いですね。また香りが全然違いますから、リラックス効果も変わってきます。

クロロゲン酸は多く摂取したいけれど簡単にコーヒーを飲みたいという方は、缶コーヒーやペットボトルのレギュラーコーヒーを買いましょう。レギュラーコーヒー100%使用し、香料などが入っていない商品が販売されています。

UCCのBLACKなどがそうですね。

ダイエット中のコーヒーの飲み方

食前に飲む
クロロゲン酸は、糖の吸収を緩やかにする効果があります。血糖値が急上昇するのはダイエットに大敵ですから、食後よりも食前の方が大きい効果を得ることができます。

運動前に飲む
コーヒーに含まれるクロロゲン酸とカフェインには、内情脂肪や皮下脂肪の燃焼を促進させる効果があります。

そのため、運動前にコーヒーを飲むことで脂肪燃焼効果がアップします。

こってりした料理を食べたら飲む
コーヒーを飲むと胃酸の分泌が活発に!
そのため、消化が促進されることになります。

また、肝臓や腎臓の働きを活発にし、二日酔いの原因になるアセトアルデヒドの分解も促進しますから、お酒を飲んだあとにも効果があります。

ストレス解消に飲む
カフェインは、脳の神経を正常に保つ働きがあるので、ストレス解消にぴったりです。実際にコーヒーを飲んでいる人にうつ病患者は少ないというデータもあります。

ストレスを感じると、食欲を抑えられないなどダイエットに良い影響がありませんから、健康のためにもダイエットのためにも豊かな香りでリラックスするようにしましょう。

飲む量としては、1日3~5杯が目安です。これぐらい飲むと、クロロゲン酸の摂取量は十分といえるからです。

一度にたくさん飲んだり10杯以上飲むなど量が多すぎると、カフェインのとりすぎになりますから注意しましょう。

お砂糖やミルクを入れても大丈夫。
クロロゲン酸やカフェインの効果に大きな変化はありません。ただし、カロリーが高くなってしまうので、ダイエット中は控えたいですね。

カフェインが飲めない方は、ノンカフェインのコーヒーでもいいですね。クロロゲン酸は摂取できます。ただし、あくまでもコーヒーが好きならという話なので、嫌いなのに無理して飲むのはやめましょう。

みんなのオススメダイエットBEST3

関連記事はこちら