ダイエットのことならおまかせ!ダイエットに役立つ情報を発信していきます。

血糖値とは?痩せるために知るべき基本中の基本!

糖質制限ダイエットなど、ダイエットの話題によく出てくる血糖値。
痩せたいと思うなら、知っておきたい基本ですね。

血糖値が急上昇するような食生活をしていると、いくらカロリー制限をしてもブヨブヨ脂肪がついてしまうこともあるんです。

まずは、血糖値について理解しておきましょう。

ブドウ糖や血糖値ってなに?

ご飯やパンなどの炭水化物やお砂糖などの糖類が消化・分解されたものがブドウ糖です。そして、血液中に含まれるブドウ糖のことを血糖といいます。

血糖値とは、どれぐらいブドウ糖が血液に含まれているのかを表す数値なんですね。

血糖は、活動するための大切なエネルギー源です。しかし、急激に血糖値が急上昇したり、血糖バランスが崩れたりすると太る原因となります。

血糖値が急上昇するとなぜ太るのか

血糖値をコントロールする働きもつのが、インスリンというホルモンです。

炭水化物などの糖質を摂取すると、血液中の糖が増え(血糖値が上がる)インスリンが分泌されて、各細胞へブドウ糖を送り出します。

インスリンによって各細胞に送り出されたブドウ糖は、活動するためのエネルギーとして使われます。各細胞へ送り出したことにより、血液中の糖は少なくなったのですから、血糖値が下がったということになります。これが正常な状態であれば問題はありません。

しかし、血糖値の急上昇や高血糖の状態だったりすると、それを処理するためにインスリンが大量に放出されてしまいます。

そうなれば、各細胞に送られるブドウ糖も多くなりますから、エネルギーとして使われずに余った糖は、体脂肪として蓄えられてしまいます。

脂質まで体脂肪に蓄積されてしまう!?

体脂肪
さらに問題があるんです。
3大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)の代謝は、糖質が最優先されます。
血糖値の上昇により糖質の代謝でめいっぱいになると、一緒に食事で摂取した脂質は代謝されることなく体脂肪に!

血糖値が急上昇することで、余ったブドウ糖も脂質も体脂肪になってしまうなんて・・・1日の摂取カロリーをいくら減らしても、血糖値が急上昇する食生活をしていれば、太ってしまうということですね。

食事制限しているのに痩せないという方や、体重は減ったのに脂肪が減らないという方は、高血糖が原因かもしれませんよ。


ダイエットでスッキリボディを手に入れるには、高血糖の状態を長く続けないことと、血糖値の急上昇をさせないことが大切です。

関連記事